ねんねのうた

いちかわくみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784333025145
ISBN 10 : 4333025141
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27p;21X21

内容詳細

おめめはとっくにつぶっているけどほっぺとおくちがわらってる…赤ちゃんとの暮らしの中で生まれた子守歌の絵本。

【著者紹介】
いちかわくみこ : 福岡県生まれ。児童文学者吉田タキノ氏主宰の「窓の会」で児童文学の書き方を学ぶ。1981年、地域文庫の設立メンバーとなる。後に保育園・小学校・子育て支援グループに読み聞かせ・語り・ブックトークの出前や講演を行う。現在は、小学校図書室の本の選書・国語教科書にあるテーマに合わせての企画にも力を入れる。市立図書館・中学校図書館勤務を経て、1999年より大型書店に勤務。『ねんねのうた』で絵本デビュー

ひろのたかこ : 愛知県生まれ。スペインのシンクロ・デ・ベーリャス・アルテスに学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    広野多珂子さんの絵を求めて。寝かしつける時間の、密やかな気配が濃やかに描かれている。子どもの体温、子どもの重さ、穏やかな眠りに入るまでの母と子の静かな触れ合い。

  • 遠い日 さん

    広野さんの絵を求めて。ねんねの時間の静けさと子どもの眠りにつく前の気配がじゅうぶんに描かれている。だっこして、優しくとんとん。静かに、静かに。小さな声で歌を歌って。決まった歌があったっけ。この本のことばが「歌」になっている。遠い遠い日のいろいろなことを思い出しつつ読む。当時は寝かしつけに苦労したものだったが、今思うとそんな時間が至福だったのだと気づく。そんな幸せな情景がここにあります。

  • はるけいゆいママ さん

    息子3歳3ヶ月。優しい絵本(*^^*) "もう ねたかな"私が読むと、息子も続けて"もう ねたかな"。絵本の赤ちゃんに語りかけているようで、優しいお兄ちゃんっぷりが見られました(*^^*) 『少し前まではあなたもこうだったのよ』と、懐かしい気持ちになりました(#^.^#)

  • ゆー さん

    とっくに目はつぶっているけどー…手や口や足や手が笑ってるんだって! なるほど〜。ぜーんぶ寝てるの確認せずに、下ろしてたから…そりゃ失敗もするわな。優しい絵本でした。

  • ぬのさと@灯れ松明の火 さん

    こんなゆったりとした寝かしつけ、したことないな。息子の寝グズリがひどくて、うちはいつも死に物狂いでした(;_;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いちかわくみこ

福岡県生まれ。児童文学者吉田タキノ氏主宰の「窓の会」で児童文学の書き方を学ぶ。1981年、地域文庫の設立メンバーとなる。後に保育園・小学校・子育て支援グループに読み聞かせ・語り・ブックトークの出前や講演を行う。現在は、小学校図書室の本の選書・国語教科書にあるテーマに合わせての企画にも力を入れる。市立

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品