おいもとじろう

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 2 カドカワコミックス・エース

おいもとじろう

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041085776
ISBN 10 : 4041085772
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
162p;19

内容詳細

VRMMORPG『NewWorld Online』で防御力極振りプレイをたのしむメイプル。二層では親友にして相棒のサリーと共に第二回イベントに挑戦!!次なるメイプルのユニークアクションとは…?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    デメリットがデメリットになってないw ピンポイントでスキル調整したり敵強くしたり、他のプレイヤーは置き去りだな。

  • しまふくろう さん

    続けて購入。相変わらずキャラクターが可愛らしくて良い。 物語は第二回イベント開催の話。メイプルの足の遅さを補う方法が面白い。 コメディだから良いんだけれど、イベントでプレイヤーが絶対に倒せないボスを配置する運営にやや引いた。

  • 雪紫 さん

    電子書籍にて読了。運営の敵コンビVS運営の悪意の塊(あかん、このワード漫画でも吹く)。能力を下方修正されてもメイプルはサリーとともに我が道を行く。ふたりの可愛さの裏で運営とのバトル(?)は始まったばかりか?

  • メガ猫親父 さん

    相変らずメイプルはマイペースというか、状況が変わったら、じゃあ、こうやってみようと前向きに考えるだけの本当に素直な子。サリーもメイプルの親友だけあって、真っ直ぐな子。その真っ直ぐな力に振り回される運営は愚かと言うか

  • もここ さん

    リアルのMMOでもそうだけど、スキル変更や上限は死活問題になる。し、チート級に強くなってしまったヒロインを真似せずに並び立つサリーは本当に凄いゲーマー。運営は何というか、いつかやらかして客離れ起こしそうな人達だなーと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

おいもとじろうに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品