うしちゃんえんそくわくわく 12支キッズのしかけえほん

きむらゆういち

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591128510
ISBN 10 : 4591128512
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
39p 20×21cm

内容詳細

うしちゃんはね、おともだちとやくそくしてたこと、すっかりわすれちゃってたんだって。えんそくはみんなでたのしくあそぶはずだったのに、うしちゃん、しっぱいしちゃった!?ねえ、みんなだったらどうする?―。

【著者紹介】
きむらゆういち : 東京都生まれ。多摩美術大学卒業。「あらしのよるに」で産経児童出版文化賞JR賞・講談社出版文化賞絵本賞を、同舞台脚本で斎田喬戯曲賞を、脚本を担当した同映画が日本アカデミー賞優秀賞を、「オオカミのおうさま」で日本絵本賞を受賞

ふくざわゆみこ : 絵本作家。東京都生まれ。繊細かつ表情豊かな作風で世代をこえて支持されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    十二支たちの遠足。仕掛け絵本でした。しかけの必然性があまりわからなかった、、

  • 雨巫女。 さん

    《書店》おやつやお弁当だけを持ったうしちゃん。遊び道具忘れて、パニック!でも、遊び道具がなくても…大丈夫だったね。遠足に二度弁当を入れ忘れた私。母が届けにきた。…(笑)

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    このシリーズ、地元では閉架になっていたので、この機会に、と借りました。小さなページのめくりしかけが楽しいシリーズです。みんなに頼まれたものを忘れてピンチ。でも機転がきいて仲良く遊べました。

  • 遠い日 さん

    「12支キッズのしかけえほん」シリーズ。丑年。楽しい遠足で、みんなと遊ぶために、道具を揃えて持っていく約束をしたうしちゃんなのに、お弁当とおやつのことで頭がいっぱいで、すっかり忘れてしまったうしちゃん。でも、アクシデントからの発想で、道具は工夫次第でどうにかなるということを発見。みんなのアイデアがすばらしい。柔らかな頭で、わくわくは作り出せる。

  • こどもふみちゃん  さん

    十二支シリーズ。牛。2・3・4・5歳向け。簡単。小さい子向け。少ししかけあり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

きむらゆういち

1948年東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。戯曲やコミック原作・小説など広く活躍中。ゆうゆう絵本講座通信主催、東京純心大学客員教授。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞、『オオ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品