くまのこうちょうせんせい

こんのひとみ作

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323013640
ISBN 10 : 4323013647
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24×25cm,1冊

内容詳細

大きな声のくま校長先生。ある日、校長先生は小さな声しか出せなくなってしまった。でも、それでわかったことが…。「命の授業」の校長先生をモデルに、歌手・こんのひとみと絵本作家・いもとようこが絵本化。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
絵がかわいらしく、色もきれいな絵本です。...

投稿日:2021/07/29 (木)

絵がかわいらしく、色もきれいな絵本です。本当にあった話をもとにしている作品です。大人も子どもと一緒にじっくり読んでほしいです。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エッちゃん さん

    いもとさんの図書館本。あとがきで、実話をもとにこんのさんが書かれた本だったのですね。くまのこうちょうせんせい(大瀬先生)余命三か月と言われながらも、「子供に会うと元気になれる」と病院から学校へ・・・自分の事より子供たちに事が気にかかっていたのですね。小さな声のひつじくん。その子はその子らしくてもいいんですね。優しさが伝わってきます。

  • しゅわ さん

    【図書館】子供達を大きな声で迎えてくれるくまの校長先生、一方 ひつじくんは小さな声でしか返事ができません。ある日、くまの校長先生は病気で入院し、小さな声しか出せなくなってしまいました。でも、それでわかったことがあったのです…「余命三ヶ月」と宣告され、病院から学校に通った実在の校長先生をもとにつくられた物語だそうです。私自身、もし残りの命が短いとなったら、校長先生のような生き方ができるか?考えさせられました。病気は哀しいけど、自分の不幸を嘆くだけでなく、あたたかい気持ちを周囲にふりまけるようなりたいです。

  • Netflix『新聞記者』は観ないおじさん・寺 さん

    これまたかわいい絵本。いもとようこの絵も素晴らしい。内容は実在した校長先生の話を元にしたもの。【以下ネタバレ】毎朝校門で生徒に大声で挨拶する熊の校長先生。いつもみんなの人気者である。対していつも小声で元気の無い羊君。校長先生に大声を勧められる。そんな校長がある日病に倒れる。自分が悪いのでは?と悩んだ羊君は入院中の校長に手紙を書く。その手紙を見た校長、病院に頼んで学校に出勤させて貰う。病で大声が出なくなった校長が羊君に謝るシーンが良い。そして校長はまた倒れる…小声には小声の訳がある。優しい絵本。

  • Rie さん

    読友さんの感想で気になった絵本。大きな声であいさつをするくまの校長先生。みんなも大きな声であいさつを返しますがひつじくんは大きな声であいさつができません。頑張って大きな声を出そうとしますがなかなかうまくいきません。そんな時、くまの校長先生が入院してしまいました。子どもに読み聞かせしながらウルっときてしまいました。大きな声を出せない事もある。みんなが同じ様に出来ない事、理由があるかもしれないと考えてみる、見守る事の大切さも。待っている人がいるから頑張れる強さ。出会えてよかったと思う絵本でした。

  • Natsuki さん

    あとがきを読んで、実話を元にしたお話だと知りました。「子どもはあかるく元気がいちばんと、大人はおもいこんでしまいます。でも本当は、ちいさくてよわいものなのです。子どもたちのいたみをわかちあうのが、大人の役目だとおもいます」大瀬先生の言葉が温かく染み入るような一冊。子どもだけではなく大人も読みたい絵本ですね。いもとようこさんの絵が、心を更にぬくぬくさせてくれます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

こんのひとみ作

絵本作家・エッセイスト・シンガーソングライター・ラジオパーソナリティー。アルバム「ちいさな声〜パパとあなたの影ぼうし〜」でメジャーデビュー。学校や福祉施設への出前ライブでは、観客からのメッセージを歌ったり朗読したりする心の交流に力を注いでいる。絵本作家のほか作詞作曲、ミュージカル原案・音楽劇制作など

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品