チリとチリリ よるのおはなし

どいかや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784752009849
ISBN 10 : 4752009846
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
追加情報
:
32p;18X25

内容詳細

満月の夜に起こった不思議な物語。「チリとチリリ」シリーズ8作目。

【著者紹介】
どいかや : 土井香弥。1969年、東京都に生まれる。東京造形大学デザイン学科卒業。猫たちと暮らす日々の中から、自然や生き物への愛情あふれる絵本を発表している。絵本の作品多数。『アイヌのむかしばなし ひまなこなべ』(文・萱野茂/あすなろ書房)が産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とよぽん さん

    「すてきな つきの よるでした」。うっとりするような夢の世界に私も誘われた。おつきみドリンクを何杯もおかわりしてチリとチリリは猫の姿に変わっていき、もりの「まんげつまつり」へ。シリーズ最新作、楽しかった。

  • みつばちい さん

    お月見の頃読んで、今にぴったり✨と展示したままレビュー書き忘れていました。可愛い絵本は苦手なのですが、チリとチリリだけは、、もう、可愛いすぎて好き✨🤣 大人数への読み聞かせではなく、子どもたちと隣り合わせでゆっくり楽しみたい本。

  • たまきら さん

    大好きなシリーズ、今度は夜のお話です。オカンはいつでもどいかやさんの世界にうっとりさせられますが、ぐいぐい新しい世界にひた走っている娘さんは絵本を取る時間が減ったみたい。成長するって面白いなあ…。自分が知っていたと思っていた存在がどんどん独立していく姿って、おそろしくて、まぶしい。夜の世界に旅立つチリとチリリを見ながら娘の成長のことを思いました。

  • anne@灯れ松明の火 さん

    シリーズ8。隣市分館新着棚で。行く前に、友達と「チリとチリリ」の話をしていたところで、なんてタイムリー! 出版社のSNSでも宣伝していて、読みたかった〜♪ くろねこのドリンクスタンドで、おつきみドリンクを飲んだチリとチリリは、なんと……! 夜の世界もファンタジックだ〜♪ いつ読んでもいいけれど、満月が出てくるので、秋がオススメ♪

  • 雨巫女。 さん

    《本屋》夜の散歩楽しそう。チリとチリリみたいに、自転車に、乗りたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

どいかや

土井香弥。1969年、東京都に生まれる。東京造形大学デザイン学科卒業。猫たちと暮らす日々の中から、自然や生き物への愛情あふれる絵本を発表している。絵本の作品多数。『アイヌのむかしばなし ひまなこなべ』(文・萱野茂/あすなろ書房)が産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品