ぼくのたび

みやこしあきこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893096470
ISBN 10 : 4893096478
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;28

内容詳細

ぼくはでかける。ゆめのなかで。ひこうきにのってしらないまちからしらないまちへ。じゆうにいきたいほうにすすむ。NYタイムズ・NY公共図書館絵本賞、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞受賞他、世界中で高い評価を受ける実力派作家がリトグラフで描く最新刊。

【著者紹介】
みやこしあきこ : 1982年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学中より絵本を描きはじめる。2009年『たいふうがくる』(BL出版)で第25回「ニッサン童話と絵本のグランプリ」大賞を受賞。2012年『もりのおくのおちゃかいへ』(偕成社)で、第17回日本絵本賞大賞を受賞。『よるのかえりみち』(偕成社)で、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞、ニューヨークタイムズ・ニューヨーク公共図書館絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シナモン さん

    図書館本。世界中からのお客さんを迎えるホテルで働くぼく。壁にはお客さんから届いた手紙がたくさん。世界各地から届く手紙がぼくを旅へとかきたてる。ホテルでのモノトーンの日常と空想の中で旅するカラーページのコントラストが美しい。優しく穏やかなタッチの絵に心安らぐ一冊でした。

  • ぶち さん

    世界中から届くお客様からのお礼状。でも、ぼくはまだこの町しか知らない。 ベッドの中では大きなかばんを持ち、飛行機に乗って、知らない町から町へと自由に出かけていく夢をみる。 すべてのページをリトグラフで描き出しています。現実の暮らしをモノクロームで、夢の中の旅の景色を豊かな色彩で。その対比が旅への憧憬を表わしているようで、私もどこか遠くに行きたくなりました。 最後のセリフ『世界中のお客さんに会いに行けたら』の言葉に、このホテルがお客様に愛されているワケがわかりました。

  • アキ さん

    みやこしあきこの絵本は海外で高い評価を受けている。パステルカラーと白黒のリトグラフのコントラストが見事です。ヨーロッパの小さなホテルで支配人はたぬきの風貌で旅人たちから知らない国の話を聞いて、毎晩夢の中で大きなカバンを持って旅に出ます。夢の中では自由に旅ができます。世界中の旅人から届く手紙をいつもの場所でゆっくり読んで、まだこの町を出たことがない支配人は各地の旅人を訪ねる空想をして終えます。コロナで旅が出来ないときには、映画や本もしくは夢で旅ができます。おうちで旅を楽しみ尽くしましょう。

  • seacalf さん

    これはいい。とある小さな街のホテルと数々の夢みる旅のシーンが幻想的で引き込まれる。まるで本当に夢の世界に飛び込んだかのような絵のタッチがすごくいい。まさに自分が見る夢もこんな感じだものなあ。夢をそのままに可視化してくれたみたいなデジャブ感が強くて『よるのかえりみち』の時よりもグッと物語の世界に魅了される。

  • 紫 綺 さん

    ホテル勤めで長旅は出来ないけど、お客様からのメッセージと想像力で世界中を旅する。でもいつかこの国を脱け出して、実際に行ってみたい♪そんな絵本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品