よるのかえりみち

みやこしあきこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033324609
ISBN 10 : 4033324607
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27

内容詳細

いつものよる。とくべつなよる。みんなゆっくり、ねむれますように―4歳から。

【著者紹介】
みやこしあきこ : 1982年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学中より絵本を描き始める。2009年『たいふうがくる』(BL出版)で第25回「ニッサン童話と絵本のグランプリ」大賞を受賞。2012年『もりのおくのおちゃかいへ』(偕成社)で第17回日本絵本賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちなぽむ@ゆるりと復活 さん

    灯りがあたたかいのは、その先にだれかのいとしいひとが待っていると知っているから。冷たい風が頬をなでてもほほ笑みが絶えないのは、おみやげをあけるあなたの笑顔が浮かぶから。知らない夜道もこわくないのは、ひだりてを満たすぬくもりがまちを魔法のくにに変えるから。電気を消して暗闇が部屋を満たしてもこわくないのは、あなたがふんわりとおふとんをかけてくれたから。 夜が親しいのは誰かに守られていた頃の記憶。街をてらすすべてのあたたかい灯りに、それぞれのしあわせが灯っていることを夢みて、そっとめをとじる。おやすみなさい。

  • 馨 さん

    おやすみ前に読み聞かせる絵本って感じでした。夜になり人通りも減った街並み、明かりのついている家ついていない家、それぞれにくつろいだり楽しんだりしている様子を想像しながら眠りにつければ、良い夢が見られそう!

  • seacalf さん

    お母さんに抱きかかえて貰いながら通る夜の道。暗闇に浮かび上がる幾つもの窓からは、音や香りと共に夜の穏やかな時間を過ごすさまざまな場面が見える。少し靄がかかったような絵のひとつひとつが素敵。夜がもたらす心地好くて不思議な雰囲気を上手に表現していて、見る者に癒しを与えてくれる。

  • ぶち さん

    誰もいない静かな夜の街を、遊び疲れた坊やがお母さんに抱っこされて家に帰っていきます。坊やの心地よさや安心感が伝わってきます。さまざまな家の窓からは、暖かい色の灯りが漏れてきます。一日の終わりをそれぞれに過ごす人々の様子が垣間見えます。店じまいをする人、温かい食事の用意をする人、一人で静かに過ごす人、パーティに集まって賑やかに過ごす人々...。お父さんが迎えにきて、坊やはベッドで満ち足りた気分で眠りについていきます。窓から漏れるオレンジ色の灯りに安心感を覚える、そんな情景を静かに描き出した素敵な絵本です。

  • ままこ 🍁 さん

    うさぎの坊やの目を通して感じる夜の街の様子。柔らかな黒を基調に窓からほんのりこぼれる灯が温かい。いつもの夜も特別な夜も描写が良いな。坊やの気持ち良さそうな寝顔が眠りを誘う。おやすみなさい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品