アリソン・アトリー

人物・団体ページへ

小さな赤いめんどり こぐまのどんどんぶんこ

アリソン・アトリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784772190640
ISBN 10 : 4772190643
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
80p;22

内容詳細

ひとりぼっちでくらすおばあさんのところへ、ある晩、ふしぎな力をもった小さな赤いめんどりがたずねてきました。おばあさんは大喜び。ふたりの楽しい生活がはじまります。ところが、もとの主人が、めんどりを取りもどしにやってきて―。こぐまのどんどんぶんこ第3弾!小学校1・2年から。

【著者紹介】
アリソン・アトリー : イギリスの童話作家、ファンタジー作家。1884年生まれ。幼少期を過ごしたクロムフォード、ダービーシャーの自然を題材にして物語を執筆しはじめ、生涯で100タイトルを超える物語を残した。1976年没

神宮輝夫 : 1932年、群馬県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。青山学院大学名誉教授。英米児童文学の批評と紹介につとめ、評論、翻訳で広く活躍している

小池アミイゴ : 群馬県生まれ。セツモードセミナー卒業。フリーのイラストレーターとして1988年から活動開始。書籍や雑誌、広告等の仕事に加え、クラムボンのアートワークなど音楽家との仕事多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    イギリスの児童文学。ひとりぼっちで働き者、貧しくてもきちんと暮らすおばあさんと、1羽の赤いめんどりの温かいお話です。おばあさんが、いえ、誰でもがいちばんほしいもの、それは「話し相手」。友だち。大切なものは何か…。まじめにていねいに生活し、やさしさを忘れないこと。と、日本の民話にもよく見られるストーリーですが、おばあさんがめんどりに見守られて亡くなったという結末はやはりホッとします。おばあさんが幸せでよかった。

  • chiaki さん

    貧しく一人で暮らすおばあさんのもとに、ある晩やって来た赤いめんどり。めんどりは、おばあさんにとってなくてはならない存在となりますが、その後元の飼い主がめんどりを取り返しにやって来ます。おばあさんとめんどりの運命がどうなってしまうのだろうとハラハラしながら読みましたが、心温まるとても素敵なおはなしに、最後はとてもほっこりしました。

  • HIRO1970 さん

    子供の本。

  • いろ さん

    低学年〜の児童書。独りぼっちで寂しく暮らすおばあさんの所へある晩やって来た赤いめんどり。ふたり楽しい生活が始まるけれど…というお話。母(私)はめんどり大好きなので,もう可愛くて可愛くて。いいな〜v 不思議でなくていいから,我が家にも小さなめんどりがやって来ないかな〜♪ 9歳男児は先に1人読みして,赤いめんどりの不思議な能力と生い立ちにメロメロ。「赤いめんどり,スゴイよ!」興奮して報告してくれたり^^ 途中登場の大男夫婦の理不尽さにハラハラしたり,めんどりの素性に驚いたり。ラストはホッと出来る穏やかさ。

  • 杏子 さん

    再読。こぐまのどんどんぶんこ一気読み。そういえば前に読んでいたんだ。忘れて二度楽しんだ。悪い男にやられるかと思えば、おばあさんも負けてない。赤いめんどりも強い、強い!昔話もこういうカラフルなイラストつきなら、子どもたちも抵抗なく読んでくれるかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アリソン・アトリー

イギリスの童話作家、ファンタジー作家。1884年生まれ。幼少期を過ごしたクロムフォード、ダービーシャーの自然を題材にして物語を執筆しはじめ、生涯で100タイトルを超える物語を残した。1976年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品