アンドリュー・スコット

人物・団体ページへ

LIFE SHIFT2 100年時代の行動戦略

アンドリュー・スコット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492534434
ISBN 10 : 4492534431
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
327p;20

内容詳細

新テクノロジー、AI、長寿化、コロナ、リモートワーク、副業、、、

この変わり続ける世界で、私たちはどう生きるか?
日本人の不安に応える「ライフ・シフト」実践編
シリーズ47万部。待望の最新版!

・なぜ、これまでの生き方の常識が変わるのか?
・なぜ、誰もがライフシフターとなるのか?
・なぜ、社会的開拓者が必要となるのか?
・100年時代と向き合って生きるとはどういうことか?
・AI に負けない、人間らしさとは何か?
・大人の学びと子どもの学びは何が違うのか?
・中年期における人生の移行で気をつけることは?
・世代の違いを乗り越えるためのヒントとは?
・コミュニティへの共感を持つためにできることは?
・政府、教育、企業が変わるべき方向とは?
・挑戦する人の背中を押すメッセージ!

【目次】
1 部 人間の問題
1 章 私たちの進歩
2 章 私たちの開花

2 部 人間の発明
3 章 物語
4 章 探索
5 章 関係

3 部 人間の社会
6 章 企業の課題
7 章 教育機関の課題
8 章 政府の課題

【著者紹介】
アンドリュー・スコット : ロンドン・ビジネス・スクール経済学教授、スタンフォード大学ロンジェビティ(長寿)センター・コンサルティング・スカラー。ハーバード大学とオックスフォード大学にも籍を置いていた。研究や著作、教育は複数の賞を受賞。さまざまな企業や政府機関の役員、顧問も務める。ロンジェビティ・フォーラム共同設立者であり、英国予算責任局のアドバイザリーボードと英国内閣府の栄誉委員会のメンバーも務める

リンダ・グラットン : ロンドン・ビジネス・スクール経営学教授。2015年に同校の卓越教育賞(Excellence in Teaching Award)を受賞。担当する講座「フューチャー・オブ・ワーク」は高い評価を得ている。世界経済フォーラムの「新しい教育と仕事のアジェンダに関する評議会」の責任者を務めており、同フォーラムのダボス会議にも2013年から参加している。世界で最も権威ある経営思想家ランキングであるThinkers50では、世界のビジネス思想家トップ15にランクインしており、2018年には安倍晋三元首相から「人生100年時代構想会議」のメンバーに任命された。『ワーク・シフト』や、アンドリュー・スコットとの共著『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』は日本でベストセラーとなった

池村千秋 : 翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かなた さん

    健康、学習、コミュニティが大切。

  • zel さん

    マルチステージに向け、生涯学習が大事。学び続けること。学び続ける人とそうでない人の差が広がる。

  • わたなべ さん

    Life Shiftの続編。「教育→仕事→老後」という3ステージの人生が多様化するという本旨は前回と変わらない。(「物語・探索・関係」という観点で、より具体例を交えながら深堀りされている。)前著からのアップデートという点で言えば、本書の後半に「企業・教育機関・政府」が取り向くべき課題が加えられているが、個々人の取るべき行動という点で言えば前著と大して内容に変わりがなく、少々期待はずれだった(言っていることは大事なんだが前著で十分だと思う)。ちなみに原題はThe new long life。

  • epascal6 さん

    『LIFE SHIFT』の続編。このタイミングなのでポストコロナを見据えた内容かと思いましたが、そんなことはなく、大筋は前著の踏襲で続編を出版する理由がよく分かりませんでした。 政府・企業・教育といった既存の勢力は100年時代の私たちのニーズを満たしていない。それらに頼るのではなく、常に社会を見渡して、革新的な取り組みを探す方が理にかなっているとして、私たちに社会的開拓者たれとします。そのための基盤として、学び続けることと対話により世代間を含めた深く強力な人間関係をつくることが必要ということでした。

  • ゆうすけ さん

    満を辞しての続編。わかりやすく、面白く読めた。原題は『The New Long Life: A Framework for Flourishing in a Changing World』で新しい長寿、なるほどね。アメリカのAmazonで見るとそんなにレビュー数が多い感じではなかったので、基本的に日本をターゲットにして書かれた本なのかもしれません。キャリアについての考え方はとても参考になりました。1つの企業に依存することがいかにリスクなのかということが理解できた。さて、これからどう生きていくべきか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品