アーサー・チャールズ・クラーク

人物・団体ページへ

太陽系最後の日 ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1 ハヤカワ文庫SF

アーサー・チャールズ・クラーク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150117139
ISBN 10 : 4150117136
フォーマット
出版社
発行年月
2009年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,511p

商品説明

〈ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク1〉初期の名品として名高い表題作、名作『幼年期の終り』原型短篇のほか、エッセイなど、20世紀最大のSF作家の魅力を伝える傑作選

太陽は七時間後にノヴァと化し、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが、一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた! 人類のために奮闘する異星人たちを描いた表題作のほか、名作『幼年期の終り』の原型短篇「守護天使」、作品集初収録の中篇「コマーレのライオン」、大戦中の空軍士官クラークの体験をつづるエッセイ、年譜などを収録した日本版オリジナル短篇集第一弾

内容詳細

太陽は七時間後にノヴァと化し、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが、一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた!人類のために奮闘する異星人たちを描いた表題作のほか、名作『幼年期の終り』の原型短篇「守護天使」、作品集初収録の中篇「コマーレのライオン」、大戦中の空軍士官クラークの体験をつづるエッセイ、年譜などを収録した日本版オリジナル短篇集第一弾。

目次 : 太陽系最後の日/ 地中の火/ 歴史のひとこま/ コマーレのライオン/ かくれんぼ/ 破断の限界/ 守護天使/ 時の矢/ 海にいたる道/ エッセイ 貴機は着陸降下進路に乗っている―と思う/ アーサー・C・クラーク年譜(一九一七〜一九六〇)

【著者紹介】
中村融 : 1960年生、1984年中央大学法学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ユーモアあふれるSFから、人類は何を目指す...

投稿日:2021/04/08 (木)

ユーモアあふれるSFから、人類は何を目指すのかといった作品まで幅広く収録されている。長編しか知らない人は驚くような作品もあり、楽しかった。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    初期作品選集。著者には難解なイメージがあり避けていたが、100分de名著で紹介されたのを見て面白そうと思い手に取った。表題作は読み易い上に小気味よく展開が進み、物語のオチもいい。宇宙人の目線で語られ、彼らのセリフは地球人をちょっと小馬鹿にした感じだがユーモラス。目は前に2つのみ、腕も足も2本は多足生物から見て低効率なのだなと。固定観念を捨てた視点で物事を見られるのもSFの面白さ。あと既に思考投射機の概念があったとは。多彩なSFの味を楽しめたが、他のお気に入りは「コマーレの〜」「守護天使」「海にいたる道」。

  • サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥 さん

    '40年代〜'50年前半に書かれたクラーク初期の短編集。もう60年以上も前の作品なのに、今読んでもSFとして全く古さを感じさせないのはさすが。表題作である「太陽系最後の日」、後の名作「幼年期の終わり」につながる「守護天使」が良かった。ただ、ラストにオチを持ってくる作品が多いのだが、そこがイマイチピンとこない物もあったのは、私の読み方が足りないのか、それともやはり時代が変わったせいか。★★★+

  • Small World さん

    表題作を読みたくて、クラークの初期短編集を読了です。けっこう、切れ味良いオチが楽しめる作品集ですが、「守護天使」なんかも、ここに入ると、その系統ですね。(笑) 個人的には表題作よりも「都市と星」のリスを思い出す「海にいたる道」が好みでした。この短編自体が「都市と星」にいたる道のようで興味深かったです。

  • こばまり さん

    明日12月16日は巨匠アーサー・C・クラークの誕生日なのだそう。なので恥ずかしながら初めて読んでみました。映画化されたものは何度も観てるのに。さて、これは初期の作品集ですでに古典の域に入っています。オチがそのまま落語のサゲになりそうなものもあって読む前には想像してなかった面白味でした。2017年は生誕100年にあたるんですね。ファンイベントとか開催されそうですね。

  • ぐうぐう さん

    クラークの初期作品を集めたベスト短編集。『幼年期の終り』の雛形となった「守護天使」や、初収録、新訳と、読みどころ満載。「歴史のひとこま」や「守護天使」の結末の鮮やかさに目を奪われると、ショートショートのようなオチの衝撃度だけの評価に陥ってしまいそうだが、むろんクラークの小説の醍醐味はそんなところにはない。当時の科学技術を考察し、人類の未来を慧眼する、そのするどい洞察力が生み出すイマジネーション。戦後間もなく書かれたこれらのSFが、21世紀を迎えた今もまだ未来として有効であるということに、感動する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品