アーサー・チャールズ・クラーク

人物・団体ページへ

都市と星 ハヤカワ文庫SF

アーサー・チャールズ・クラーク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150117245
ISBN 10 : 4150117241
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,478p

商品説明

少年は世界の成り立ちを、ただ追い求めた……。『幼年期の終り』と並ぶ20世紀の巨匠の代表作、待望の完全新訳版

遙か未来、銀河帝国の崩壊によって地球に帰還することを余儀なくされた人類は、誕生・死さえも完全管理する驚異の都市ダイアスパーを建造、安住の地と定めた。住民は都市の外に出ることを極度に恐れていたが、ただひとりアルヴィンだけは、未知の世界への憧れを抱きつづけていた。そして、ついに彼が都市の外へ、真実を求める扉を開いたとき、世界は……。解説:中村融

内容詳細

遙か未来、銀河帝国の崩壊によって地球に帰還することを余儀なくされた人類は、誕生・死さえも完全管理する驚異の都市ダイアスパーを建造、安住の地と定めた。住民は都市の外に出ることを極度に恐れていたが、ただひとりアルヴィンだけは、未知の世界への憧れを抱きつづけていた。そして、ついに彼が都市の外へ、真実を求める扉を開いたとき、世界は…。巨匠が遺した思弁系SFの傑作、待望の完全新訳版。

【著者紹介】
酒井昭伸 : 1956年生、1980年早稲田大学政治経済学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
「銀河帝国の崩壊」よりも様々な部分が詳し...

投稿日:2021/04/08 (木)

「銀河帝国の崩壊」よりも様々な部分が詳しく書かれているが、ややくどく感じた。主人公の前向きな姿勢が良いと思った。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MICK KICHI さん

    NHK eテレビの特集に合わせて。前回の「幼年期の終わり」の人類進化テーマを更に推し進めた、地球回帰の物語。クラークが執筆前に読んでいた「指輪物語」行きて帰りし物語の英雄譚による影響があるとされている。十億年の間、住人の生死を完全に管理し滅びる事のない都市<ダイアスパー>を作り上げた人類は一見ユートピアと思われえる生活に安住していたが、特異存在として生まれた少年、アルヴィンの好奇心に基づく行動から始まって以来の危機を迎える事になる。閉鎖社会、不死、愛情のない世界、価値の転換が鮮やかに深く描かれる不滅の傑作

  • 催涙雨 さん

    本作に登場する都市ダイアスパーは「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」というクラークの言葉に相当するものではないかと思う。まあこの言葉は創作を指して言っているものじゃあないのかもしれないが、なんにせよかなり魔法的なのだ。わたしが太平楽というかゆとり的というか、そういう性質をもっているせいでこの手の世界を見るとだいたい「いいじゃんこれ、住みたい」とか思ってしまって、主人公に共感できなくなる。作中でも否定されるのはダイアスパーの環境そのものではなく、閉鎖的な構造なのでそう思うのがふつうなのかもしれ

  • kariya さん

    未来を切り拓くのはいつも異端者。遠い未来、生活はおろか人生の全てを不自由なく管理する都市で、人類は世界への疑問も外部への欲求もなく暮らしていた。ただ青年アルヴィンを除いては。設定そのものは古典的設定にも見えるが、読んでみると半世紀以上前に書かれた作品とは思えないほど古臭さがなく面白い。都市という閉鎖空間が舞台ながら、主人公の恐れも限界もない好奇心と未知への希求が閉塞感を吹き払い、希望に満ちた未来への予感と人間性への揺るぎなき信頼が清々しい。21世紀の現在からは少し眩しいが。

  • いおむ さん

    この作品がアメリカで刊行されたのが1956年!それを翻訳し改めて更に2009年に新訳版として出た本を読んだのですが、これが半世紀以上前に書かれたSF作品であるとは思えない!現代に合わせた上での新訳版だとは思いますが、この壮大な時間の彼方の物語は、刺激的でした!解説の言葉をかりるなら「科学をバネにして想像力をはばたかせることで、科学や宗教や哲学がそれぞれ単独では見せられない宇宙像を開示してくれる〜統合し更にその先を見せてくれるかもしれない」作品で、面白かった!クラークすげぇ。別の作品も読んでみよう。

  • Small World さん

    新訳のおかげなのか、まったく古さを感じない‼ あれよあれよと世界を広げていく主人公には驚かされますが、読んでると自分も遠くに連れていってもらった感じです。w 都市に引きこもってる人類のイメージや、科学による物理的な世界と精神感応力をもとにした世界と聞くと、他の名作を思い出しますが、これはきっと時代が見せるイマジネーションってことなんでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品