クリステンセン教授に学ぶ「イノベーション」の授業 マンガと図解でわかる

イノウ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798134963
ISBN 10 : 4798134961
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;21

内容詳細

最もシンプルでやさしい「超」図解本登場!講義形式で学ぶ企業家のバイブル。

目次 : 「イノベーション」の理論(なぜ、優良企業が失敗するのか/ イノベーションの分類 ほか)/ 「イノベーション」の戦略(なぜ、企業は成長し続けられないのか/ イノベーションの創発プロセス ほか)/ 製造業の破壊的イノベーション(スマートフォンは破壊的イノベーションか/ ミラーレスは一眼レフ市場を呑み込むのか ほか)/ 流通業の破壊的イノベーション(医薬品販売の破壊はどこで起こったのか/ ファッションビルは何を破壊したのか ほか)/ サービス業の破壊的イノベーション(既存の証券会社がなぜ破壊を起こせたのか/ LCCはどのように市場を開拓したのか ほか)

【著者紹介】
玉田俊平太 : 関西学院大学教授。ハーバード大学にてマイケル・ポーター教授のゼミに所属、競争力と戦略の関係について研究するとともに、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。筑波大学専任講師、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、経済産業研究所フェローを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mazda さん

    イノベーションにも新規開拓型や低価格型など、いろいろなパターンがありますが、どんな方向を狙うにしても、綿密な下調べが必要だと思います。うまくいく保証はないですが、調べつくしてダメならあきらめもつくし、次の手を打つときに必ず役に立つはずです。フューチャーフォンを作っていたエンジニアが、iPhoneをみたとき「おもちゃだね」と言ったそうですが、そのおもちゃが今世界を席巻しています。イノベーションの始まりは「おもちゃ」であることが多いようですが、おもちゃをなめてはいけませんね。

  • あのあの さん

    ★★★★☆:クリステンセンのイノベーション理論を分かりやすく解説。入門に適している。

  • Tatsuo Mizouchi さん

    ☆☆☆ イノベーションを起こすには別組織で、とりあえず思い付きでいいから、なんでもためす。でも、ダメなら、即撤退する。

  • ゆうじ さん

    イノベーションのジレンマを含む数冊のエッセンスをわかりやすく記載してくれている。

  • かな さん

    ★★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品