エドモン・ロスタン

人物・団体ページへ

シラノ・ド・ベルジュラック 光文社古典新訳文庫

エドモン・ロスタン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334751715
ISBN 10 : 4334751717
フォーマット
出版社
発行年月
2008年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,532p

内容詳細

ガスコンの青年隊シラノは詩人で軍人、豪快にして心優しい剣士だが、二枚目とは言えない大鼻の持ち主。秘かに想いを寄せる従妹ロクサーヌに恋した美男の同僚クリスチャンのために尽くすのだが…。1世紀を経た今も世界的に上演される、最も人気の高いフランスの傑作戯曲。

【著者紹介】
エドモン・ロスタン : 1868‐1918。詩人・劇作家。マルセイユに生まれる。29歳で書いたコクラン主演の『シラノ・ド・ベルジュラック』が大当たりし、翌年レジオン・ドヌール勲章叙勲。その後、『鷲の皇子』(サラ・ベルナール主演)で再び大成功を収め、わずか33歳でアカデミー・フランセーズに選出される。第一次世界大戦で従軍を志願したが健康上の理由でかなわず、地方の前線を視察後戻ったパリでスペイン風邪をこじらせ、死去

渡辺守章 : 1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。演出家。フランス文学・表象文化論を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
エドモン・ロスタンの傑作戯曲。 「ロミオ...

投稿日:2021/03/21 (日)

エドモン・ロスタンの傑作戯曲。 「ロミオ」と並んで古典的名作。 遠藤周作さんのエッセイで紹介され、 夢中で読んだ。 映画「カサブランカ」とともに 男の生きざまを学んだ作品。 卑怯者を許さない男道を学ぶには最適の作品。 その後、文学座、ホセ・ファーラーの映画等で 私の究極と化す。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みっぴー さん

    芥川龍之介、ゴーゴリ、ピノキオ…『鼻』をテーマとした作品は、まずヒットするらしいです。シラノ・ド・ベルジュラックの舞台初日、観客が興奮のあまり午前二時を過ぎても帰らなかった、隣の劇場で演じていたサラ・ベルナールが化粧も落とさず駆けつけた、カーテンコールは四十回…という伝説を作り出した傑作戯曲です。主人公シラノは、男気溢れ、詩才に恵まれた騎士ですが、残念な大鼻を持っていた…コンプレックスを抱えたシラノは、自分の恋心を胸に秘めて、友人の恋が成就するようにと協力しますが…笑いあり涙ありで素晴らしい作品でした。

  • kana さん

    フランスにも寅さんがいた!!優れた剣客、詩人、音楽家でありながら、類い稀なる醜い鼻のせいで愛するロクサーヌへの想いを封じ込め、イケメンながら愛の言葉は大変残念なクリスチャンを手助けするシラノが愛おしい。出世を嫌って生涯貧しいまま、その心意気を貫き通すシラノの最期の場面で、胸が張り裂けそうな気持ちに。何の知識もなく口コミ評価高いなぁくらいで読み始め、込み入った戯曲形式に違和感を覚えつつも、悲劇的な場面でも遊び心を忘れない、愉快でドラマチックな展開とシラノの名言の数々に途中からは無我夢中で読み終えました。

  • みや さん

    読書会紹介本。実在の剣豪作家サヴィニヤン・ド・シラノ・ド・ベルジュラックが、恋に悩む友人の代わりに愛の言葉を紡ぐ韻文戯曲。文字で戯曲を楽しむのが苦手なので、あらすじは非常に面白いのに味わいきれなかったのは悔しい。友人のため影役に徹したシラノ、彼女の想い人はシラノだと知って身を引こうとするクリスチャン、相反する魅力に心惹かれた。どちらもかっこよくて選べない。恋の相手であるロクサーヌが、気まぐれで我儘で強引で良い女とは思えないのが残念だった。シラノが決闘しながら詩を作る場面が特に好き。映像や舞台で楽しみたい。

  • 巨峰 さん

    心意気とは粋な言葉だ。分厚いが戯曲はあっさり読める。鼻の大きな男の話だとは知っていたが、細かいところまでは知らなかった。いくつもの細かい仕掛けがある。武士なら気づかせずに死んでいくのにと、思った。シラノ的にはそれでいいけど、ロクサーヌの側はどうよ。確かにリズムよく流れるような文体。たまに関西弁を喋る人がいるがそれはどうよ?と大阪人的には疑問だ。

  • fseigojp さん

    ベタな戯曲と思って敬遠していたが19世紀に17世紀歴史劇をやってたのですね やっぱりおもしれえや この芝居(欽定訳ともいわれる辰野・鈴木訳は敬遠して、古典新訳で堪能したが機会があれば欽定訳も読んでみたい 辰野隆は悪態をつく場面を江戸っ子弁で訳したとか)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品