エマニュエル・トッド

人物・団体ページへ

老人支配国家 日本の危機 文春新書

エマニュエル・トッド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784166613397
ISBN 10 : 4166613391
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

若者の生活を犠牲にして老人のコロナ死亡率を抑えた日本だが、社会の存続に重要なのは高齢者の死亡率より出生率だ。「家族」が日本社会の基礎だが、「家族」の過剰な重視は「非婚化」「少子化」を招き、かえって「家族」を殺す。

目次 : 1 老人支配と日本の危機(コロナで犠牲になったのは誰か/ 日本は核を持つべきだ ほか)/ 2 アングロサクソンのダイナミクス(トランプ以後の世界史を語ろう/ それでも米国が世界史をリードする ほか)/ 3 「ドイツ帝国」と化したEU(ユーロが欧州のデモクラシーを破壊する/ トッドが読む、ピケティ『21世紀の資本』)/ 4 「家族」という日本の病(「直系家族病」としての少子化(磯田道史×E.トッド)/ トッドが語る、日本の天皇・女性・歴史(本郷和人×E.トッド))

【著者紹介】
エマニュエル・トッド : 1951年生まれ。フランスの歴史人口学者・家族人類学者。国・地域ごとの家族システムの違いや人口動態に着目する方法論により、『最後の転落』(76年)で「ソ連崩壊」を、『帝国以後』(2002年)で「米国発の金融危機」を、『文明の接近』(07年)で「アラブの春」を、さらにはトランプ勝利、英国EU離脱なども次々に“予言”

堀茂樹 : 1952年生まれ。慶應義塾大学名誉教授。専門はフランス文学・思想

大野舞 (イラストレーター) : 1983年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。パリ大学東アジア人文科学研究科博士課程所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あすなろ さん

    一度読んでみたいと思っていた仏の歴史人口学者・家族人類学者であるトッド氏の本。本書は、最近の寄稿文や対談を集め、最新原稿を付け加えたものであり、題名が本書の内容を表したものではないが、なかなか興味深いその慧眼を拝読したのである。その感想・印象はと言えば、収録対談のお相手の一人である本郷和人氏が上手く伝えられている。トッド氏の仮説を立てる力というのは凄いのだ、と。正にその通りだと思った。得られた知識や考え、そしてそこから考える自らの思考というのは大きいものがあった。別のトッド氏の著書を読んでみたいと思う。

  • キック さん

    私が最も注目している歴史学者トッド氏の最新本。同氏はソ連崩壊、アラブの春、トランプ勝利、英国EU離脱等を予言。本書でも注目すべき主張を連発。例えば、「米国の核の傘は幻想」「中国が世界の覇権を握ることはない」「日本の最大の課題は少子化問題であり、自己の存亡に直結する課題」等々。いずれも、とても示唆に富んだ主張でした。ただロシア贔屓のトッド氏は今回のウクライナ侵攻を全く予想していなかったのか、ロシアの軍事に関しては極めて楽観的です。一体、同氏は今回の事態をどのように考えているのか、次の本が楽しみです。

  • tamami さん

    フランスの歴史家、人口人類学者でもあるエマニュエル・トッドさんの文藝春秋などの雑誌に発表された評論をまとめたもの。岡目八目とでもいうのでしょうか、わが国の人口や家族についての指摘は首肯せざるを得ない項目が多い。国の存亡に関わる問題として、「人口減少」と「少子化」が挙げられているが、その要因の一つが「直系家族病」ともいうべき日本の家族構造にある、と言う指摘など、「家族」のあり方はどこでも基本的に同じであると思い込んでいた身にとっては、脳天を衝かれた思いだった。イスラーム社会でのイトコ婚率が三割ほどを占め、そ

  • てつのすけ さん

    題名に惹かれて購入した。内容はというと、大半が欧米諸国とヨーロッパ諸国との相違点についてだった。想像していた内容と異なっていたが、そういう考えもあるのかということを知れたので、良しとしよう。

  • zag2 さん

    これまでの文藝春秋などに掲載された文や、磯田道史さん、本郷和人さんとの対談などを一冊にまとめたもので、標題の「老人支配国家日本の危機」をめぐってストーリー化された本ではありません。そのため逆にトッド氏が日本について持っている様々な視点、感想に触れることができて面白い。トランプの大統領就任を言い当てたなどとして話題になった頃から注目している知識人ですが、手頃に読めていろいろと考えるきっかけになりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品