エルス・ペルフロム

人物・団体ページへ

どんぐり喰い

エルス・ペルフロム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834086362
ISBN 10 : 4834086364
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
342p;20

内容詳細

主人公の少年クロは貧しい家計を助けるため、学校をやめて働きに出る。豚やヤギの世話、建築現場の下働き…。内戦終結から間もないスペイン・アンダルシア地方で、人々は貧しさや社会の不条理に耐えながらも誇り高く生きぬき、クロもまた、たくましく成長していく。オランダを代表する作家エルス・ペルフロムが夫の少年時代の話をもとに描き、オランダで最も優れた児童文学に贈られる「金の石筆賞」に輝いた名作。

【著者紹介】
エルス・ペルフロム : 1934年、オランダのアルネムに生まれる。1978年、『第八森の子どもたち』(福音館書店/2000年)で、オランダで毎年最も優れた児童文学に贈られる「金の石筆賞」を受賞。85年には『小さなソフィーとのっぽのパタパタ』(徳間書店/1999年)で、90年には『どんぐり喰い』でと、三度にわたって「金の石筆賞」を受賞している。94年にはこれまでの業績に対して青少年文学のために贈られる「テオ・タイセン賞」を受賞した

野坂悦子 : 1959年、東京に生まれる。1985年から5年間、オランダ・フランスに暮らす。現在、オランダ語の子どもの本の翻訳を中心に活躍。訳書に『おじいちゃん わすれないよ』(金の星社、第50回産経児童出版文化賞大賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぱせり さん

    ドングリを喰うほど貧しいあわれな連中のはずの日雇いたちを描き出す言葉の温かいこと。読み終えて蘇る鮮やかなあの場面もこの場面も、これ以上の財産はないよ、ほかの何とも取り換えたくないよ、という、胸を張っての宣言みたいで、ひときわ眩しい。 その日暮らしで年がら年中腹を減らしているというのに、なんというお大尽だ。

  • 菱沼 さん

    キャパの写真とピカソくらいでしか知らなかったスペイン内戦。太った美食家の修道院長の飼い犬の名が「ヒロヒト」なのだ。図書館で手に取り、パラパラめくっていて、この犬の名「ヒロヒト」が目に入って借りてしまった。日本の小説だったら、まず犬の名前のヒロヒトはないだろう。パンと拾ったどんぐりで飢えを満たす主人公クロと、ビフテキと目玉焼を餌にするヒロヒトの違いが酷い。戦争の名残が潜む時代。片足の青年との出会いと、あまりにあっけない別れが印象的だった。クロのひたむきさと家族の絆が心に残る。

  • トロピカ さん

    良かった。知らない世界の話だった。学校にも行けず夜明けから1日中働きづめでも常に飢餓の状態。貧乏人の子だくさんは罪じゃないかと思う一方で、極貧の中でも愛情に満ちた一家に胸を打たれる。成り行きで物乞いをして得てしまったお金を母親は喜んでくれても父親は激怒し折檻をされる。「正しい人だった、父ちゃんは」と幼いながらも言えるクロが清々しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品