エレファントカシマシ

エレファントカシマシ プロフィール

エレファントカシマシ | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ(THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本のロックバンド。1981年結成。

概要

音楽誌ロッキング・オン・ジャパンにて、破格の新人衝撃のデビューの見出しで大々的に紙面に取り上げられる。アマチュア時代の楽曲を含むセルフタイトルが冠せられたファーストアルバムは、ストレートかつオーソドックスなメロディーとサウンドではあったが、洋楽ロックからの借り物でありながら日本語であることを不自然に感じさせないという点で新鮮味があり、宮本浩次というアーティストの才気を充分に感じさせる作品であった。セカンドアルバム以降、政治への強い関心や、文学作品からの影響を受けた宮本の独裁的とも言える姿勢をより顕著にバンドの楽曲に反映させることになった。

2作目のアルバム「エレファントカシマシII」では、資本主義社会の中で追い詰められる人間の姿を真正面から取り上げ、社会の不条理をへヴィーなサウンドと共に提示して見せた。

3作目のアルバム「浮世の夢」では浮世絵収集家でもある宮本が、高度経済成長期がもたらした、故郷である東京への破壊行為とも言うべき変化への憤りと、当時の日本のバブル経済への不信から、敬愛する文学者である永井荷風的な思想を現代に持ち込み、日本風のメロディーと共に表現した。

4作目「生活」では詩作の面でフランスの詩人、シャルル・ボードレールからの影響等が随所に見られる。一聴して詩を叫んでいるだけにしか聞こえかねない危険性をはらんでいる楽曲群であるが、ブルーズロックやフォークミュージックにわずかばかりのポップなメロディーを融合させた、エレカシ史上における最もアバンギャルドな作品となった。

5作目「エレファントカシマシ5」では前作「生活」の歌詞において重要視された詩情の美しさではなく、身近な言葉で歌詞がつづられており、前作の実験的プログレッシブな音像をさらに推し進め、メロディーは格段に親しみやすいものとなった。

6作目「奴隷天国」では、これまで発表されたアルバムの売り上げの不振により、レコード会社と…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%