キャス・サンスティーン

人物・団体ページへ

命の価値 規制国家に人間味を

キャス・サンスティーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784326550791
ISBN 10 : 4326550791
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
340p;20

内容詳細

費用便益分析は命を値踏みする!?元ホワイトハウス高官が丁寧に解説する規制行政と費用便益分析の実際。

目次 : 政府の中/ 人間的な帰結、あるいは現実世界の費用便益分析/ 尊厳、金融崩壊など定量化不能なもの/ 人命の価値(問題/ 解決策)/ リスクの道徳性/ 人々の恐怖

【著者紹介】
キャス・サンスティーン : 1954年生。ハーバード大学ロースクール教授。専門・憲法行政法、環境法、法哲学、1978年ハーバード大学ロースクール修了。連邦最高裁判所で最高裁判事補佐官を務めた他、マサチューセッツ州最高裁判所、米国司法省等に勤務。2008年から現職。2009年、ホワイトハウス情報規制問題局長に就任

山形浩生 : 1964年東京生まれ。評論家・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「命の価値」は非常に刺激的なタイトルであ...

投稿日:2021/03/01 (月)

「命の価値」は非常に刺激的なタイトルである。命は至高のものであり、他のあらゆる事柄の価値を上回るという考え方を主張するものではない。そうではなく、積極的に命に「値段」を付けよう、そのためにはどのような手続きを経るべきなのかという現実主義的アプローチの検討が本書のテーマである。これは政策決定において避けられないことであるが、いざ通読してみると緻密な(しかし論争を呼ぶ)分析がなされていることに気付かされる。

ai さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さきん さん

    規制制度を定める際の手段として費用便益という、事象を数値化して比較する手法を取る。人命も数値化されるが、所得、病気の種類、確率等によって、さらに数字の幅も広がりを持つために、省庁間から情報を集めて議論する機関がホワイトハウスに独自に存在する。命を数値化するなんてという道義的な批判もあるが、数字をそこまで絞り込まないこと(絞り込めないこと)、参考にするためであって、大きな要因を持つことは実際少ないと理解を求めている。専門色が強くて、自分が読むより、日本の官僚が読んだ方が良い内容。

  • マルヤマ さん

    著者キャス・サンスティーンのOIRA(情報・規制問題室。日本でいう内閣府規制改革推進室みたいな)時代の経験を踏まえた、行政による規制に対する定量的な効果測定の事例集的一冊。規制は予防的効果を期待して設定されている訳ですし、仮に当該規制がなかったとして懸念される事態が発生した場合の損失コストは示せるとしてもそれはその事態を原状回復するためのコストであって、類似の事態が何件発生し得るとかそういうことは分からないのである程度の推量が働かざるを得ないですよね。

  • jackbdc さん

    タイトルの答として、費用便益分析の上では900万$と聞いて過大では?と感じた。10万人に1人の確率として1人90$分をリスク負担するという話を聞くとなんとなく納得できる気もする。判断はつかないが、透明性あるプロセスで専門性をもって判断していると理解できれば納得性を高められるのだろう。印象に残った点3つ、1.政府特有の難しさ:政府と企業の意思決定は相当な違いがある。政府の意思決定は相当に複雑。2.ハイエクとセン:相反する価値を体現する巨人の引用は分かりやすく表現としても面白い。3.訳者あとがき:秀逸。

  • tenorsox さん

    政策決定等の際に人命をどの様に金額換算するか、まあ平たく言ってしまえば「政策の実行に必要なコスト<救われるであろう命の数x単価」の単価をどう算出するか)、について。 面白そうだと思って読み始めたが、ちょっと何言ってるか分からなかったので諦めてamazonの長めのレビュー見て終わらせることにした。

  • Akiro OUED さん

    良書。 第1章は命の価値について触れていないので、やや心配になった。 命の価値の国際比較についても触れているが、国連の難民維持政策の便益分析は確かかどうか不安になった。 100円でワクチンを一人の子供に接種できる、といった偽援金徴収活動蚊にとって、命の価値はポケットのコイン一枚程度ということか。 訳文査読不十分。主語欠落分や言語明瞭意味不明瞭文が見受けられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品