グリーグ、シューマン

グリーグ、シューマン レビュー一覧

グリーグ、シューマン | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

76件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 素晴らしい。でも、音が良くない。録音?マスタリング...

    投稿日:2021/06/14

    素晴らしい。でも、音が良くない。録音?マスタリング?せっかくの名演が、もったいない。星は録音を加味してのものです。

    じじちゃん さん |60代

    0
  • 私はシューマンが特に気に入りました。オーケストラが...

    投稿日:2021/03/08

    私はシューマンが特に気に入りました。オーケストラが絶品で、クラリネットやオーボエの何と美しい事か。ピアノは繊細で詩情とダイナミックが見事。グリークは意外とあっさりしていて今一つだった。

    じじちゃん さん |60代

    1
  • ベストセラーにも拘わらず、レビューが一つも無いので...

    投稿日:2018/05/05

    ベストセラーにも拘わらず、レビューが一つも無いので投稿しました。ビアノ、オケ共に透明感のある素晴らしい演奏です。

    Nowhere Man さん

    0
  • リヒテルによるグリーグとシューマンのピアノ協奏曲を...

    投稿日:2017/12/20

    リヒテルによるグリーグとシューマンのピアノ協奏曲を聴くのは初めてですが、録音・演奏ともに素晴らしいです。ことばで表現しにくいですが、格調とか重量感といったもののレベルがかなり高いように感じます。

    テリーヌ さん

    1
  • 「楽譜もメロディーも和声もこれほど美しい曲は稀」と...

    投稿日:2016/04/09

    「楽譜もメロディーも和声もこれほど美しい曲は稀」と敬愛する作品です。この曲では多くのCDが出ていますが、やはりルプー盤は人気上位に入って当然の(誰が聴いても納得するというような)安定感があります。

    テリーヌ さん

    0
  • 圧倒的な音質の改善が見られる! 第3楽章の冒頭をE...

    投稿日:2014/12/28

    圧倒的な音質の改善が見られる! 第3楽章の冒頭をEMI盤とこのワーナー盤をぜひ聴き比べてほしい! ピアノとオケがもこもこしているEMI盤に比べ、ワーナー盤は こんな音源だったのか!と感動する。 30年間EMI盤がこんなものかな?と聴いてきた私にとって、 元音源を実にいいかげんにプレスしてきたEMIという会社は アーディストにとって実に無礼なことをしてきたと思う。 30年ぶりに再購入して本当に良かった。 EMIという会社が消滅したことも本当に良かった!

    abbadondon さん

    1
  • リヒテルとマタチッチによるグリーグのピアノ協奏曲、...

    投稿日:2013/11/23

    リヒテルとマタチッチによるグリーグのピアノ協奏曲、 未来永劫ベスト盤である。 とにかく正統派のマタチッチのサポートと ダイナミックかつ繊細なリヒテルのピアノ、 LP→CDの初版を所有しているが音質は最低、 EMIの音質改善がなされているなら購入する。

    abbadondon さん

    0
  • リヒテルとマタチッチによるグリーグのピアノ協奏曲、...

    投稿日:2013/11/23

    リヒテルとマタチッチによるグリーグのピアノ協奏曲、 未来永劫ベスト盤である。 とにかく正統派のマタチッチのサポートと ダイナミックかつ繊細なリヒテルのピアノ、 LP→CDの初版を所有しているが音質は最低、 EMIの音質改善がなされているなら購入する。

    abbadondon さん

    1
  • タイムデータ中心に再度書き込みさせていただきます。...

    投稿日:2013/02/14

    タイムデータ中心に再度書き込みさせていただきます。・・・多分この演奏にエンジェル盤LPで接した方が多い様に私も例外ではなく、いまだに聴いております。CDになってからも本盤を含めていろいろ仕様(但しモノラル)を変えてリリースされており比べるのも楽しみの一つですね。演奏はリパッティの凛冽な抒情(彼が早逝しているのでその先入観もきっと手伝っているのでしょう)でカデンツァが特に素晴らしいです。グリークはガリエラが行け々ドンドン気味である意味ホッとさせてくれます。シューマンは多分これらの演奏にエンジェル盤LPで接した方が多い様に私も例外ではなく、いまだに聴いております。まぁ、正直平均より決して良い録音状態とは言えるものではないにも拘わらずこれほど聴き継がれるこのルーマニアのピアニストは珍しく、貴公子然とした容貌と不治の病いで早逝している事も感傷的に手伝っているのでしょう。CDになってからもいろいろ仕様を変えてリリースされており比べるのも楽しみの一つですね。しかし何と言っても演奏がリパッティの透明・凛冽な抒情で孤高なまでに洗練されたピアニズムは古い録音からでも窺えましょう。各協奏曲カデンツァが特に素晴らしいです。データ的にメモ進めをさせていただきます。先ずグリークの協奏曲は1947年リパッティ30歳の頃の演奏でバックのガリエラ(当時37歳)/PHOが行け々ドンドン気味(タイム@12’34A6’24B10’04)である意味ホッとさせてくれます。翌1948年収録のシューマン・ピアノ協奏曲(同@14’28A5’25B9’54)ではカラヤン(当時丁度40歳)/PHOはスマートな運びをしております。シューマンの曲については1950年アンセルメ/SROとの共演ライブ盤(トータルタイム31’56)もあるそうですよ。これら二協奏曲どちらも新設PHOが健闘大でもありました。リパッティには自作作品があり本盤には1943年?演奏の「古典様式によるコンチェルティーノ」(同@4’32A4’36B3’33C5’13)が併録されていますが私は聴いておりません。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    一人のクラシックオールドファン さん

    0
  • タイムデータ中心に再度書き込みさせていただきます。...

    投稿日:2013/02/13

    タイムデータ中心に再度書き込みさせていただきます。・・・多分この演奏にエンジェル盤LPで接した方が多い様に私も例外ではなく、いまだに聴いております。CDになってからも本盤を含めていろいろ仕様(但しモノラル)を変えてリリースされており比べるのも楽しみの一つですね。演奏はリパッティの凛冽な抒情(彼が早逝しているのでその先入観もきっと手伝っているのでしょう)でカデンツァが特に素晴らしいです。グリークはガリエラが行け々ドンドン気味である意味ホッとさせてくれます。シューマンは多分これらの演奏にエンジェル盤LPで接した方が多い様に私も例外ではなく、いまだに聴いております。まぁ、正直平均より決して良い録音状態とは言えるものではないにも拘わらずこれほど聴き継がれるこのルーマニアのピアニストは珍しく、貴公子然とした容貌と不治の病いで早逝している事も感傷的に手伝っているのでしょう。CDになってからもいろいろ仕様を変えてリリースされており比べるのも楽しみの一つですね。しかし何と言っても演奏がリパッティの透明・凛冽な抒情で孤高なまでに洗練されたピアニズムは古い録音からでも窺えましょう。各協奏曲カデンツァが特に素晴らしいです。データ的にメモ進めをさせていただきます。先ずグリークの協奏曲は1947年リパッティ30歳の頃の演奏でバックのガリエラ(当時37歳)/PHOが行け々ドンドン気味(タイム@12’34A6’24B10’04)である意味ホッとさせてくれます。翌1948年収録のシューマン・ピアノ協奏曲(同@14’28A5’25B9’54)ではカラヤン(当時丁度40歳)/PHOはスマートな運びをしております。シューマンの曲については1950年アンセルメ/SROとの共演ライブ盤(トータルタイム31’56)もあるそうですよ。これら二協奏曲どちらも新設PHOが健闘大でもありました。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    一人のクラシックオールドファン さん

    3

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%