サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

SHM-CD

サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付』、デュカス:『魔法使いの弟子』 レヴァイン&ベルリン・フィル

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG50020
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ベスト100
レヴァイン/サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付』

SHM-CD仕様

色彩感に溢れたオーケストラと壮麗なオルガンの響きが効果的に対置されたサン=サーンス円熟期の第3交響曲は、循環形式の手法によって細部に至るまで有機的に関連付けられ、全体が見事に統一された作品です。
 切れ味の鋭い現代的感覚で人気の高いレヴァインはこの交響曲の本質を明快に捉え、ベルリン・フィルハーモニーを見事にドライヴして壮大なスケールの演奏を繰り広げています。デュカスの『魔法使いの弟子』をカップリング。SHM-CD仕様。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
1. サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 作品78『オルガン付き』
2. デュカス:交響詩『魔法使いの弟子』

 サイモン・プレストン(オルガン:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ジェイムズ・レヴァイン

 録音:1986年6月、ベルリン(デジタル)


【ドイツ・グラモフォン ベスト100 SHM-CD仕様】
クラシック界No.1レーベル「ドイツ・グラモフォン」の総力を結集し大好評を博した「グラモフォン・ベスト100」シリーズ。4年ぶりのリニューアルにあたり、最新かつ高音質の最強ラインナップが揃いました。
 全100タイトルをSHM-CD仕様で大幅に音質向上させましたが、価格はお求めやすい税込み1800円を維持。これまで以上にクラシック・ファンならびに幅広いお客様にお求められるシリーズとなっております。

・グラモフォン・レーベルが誇る最高のアーティストが奏でるクラシックの売れ筋レパートリーを全100タイトルに網羅。史上最強のクラシック・ベスト・シリーズです。
・カラヤン、バーンスタイン、小澤征爾、アルゲリッチ、ポリーニといったグラモフォン・レーベルを代表する往年の重鎮をはじめ、ユンディ・リ、庄司紗矢香、アリス=紗良・オットといった近年の話題盤も網羅した幅広いアーティスト陣。
・可能な限りニューマスターを使用することでクオリティを確保。
・ルビジウム・クロックを使用した精度の高いカッティングにより音質の向上。
・全100タイトル、SHM-CD仕様。音質の向上と従来盤との差別化を図ります。(ユニバーサル ミュージック)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
とにかく 面白味飲み追いかけた演奏にしか...

投稿日:2020/06/01 (月)

とにかく 面白味飲み追いかけた演奏にしか思えない もう少し情緒的なものへの配慮は必要に思われる演奏だ。

tomato fripp さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この「オルガン」は良いと思う。 同曲の標...

投稿日:2016/08/10 (水)

この「オルガン」は良いと思う。 同曲の標準はデュトワ盤で、カラヤンはじめド派手な演奏が多い。 同じベルリンフィルとではカラヤンとメータ盤があるが やたら残響が響き繊細な旋律が聴こえてこない。 その点このレヴァイン盤は繊細な部分も丁寧に演奏している。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この演奏は指揮者良し、オケ良し、音楽性良...

投稿日:2014/03/12 (水)

この演奏は指揮者良し、オケ良し、音楽性良しのハイレベルな名演奏です。どうも評論家には人気が無いようですね。それが信じられません。どう考えてもベストの演奏の一つに入ってくるはずなのですが。どうなっているのでしょうか。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

2

サン=サーンス (1835-1921)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品