SACD

交響曲第6番、第7番、他 アシュケナージ&ストックホルム・フィル(ハイブリッドSACD)

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00293
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

アシュケナージ&ストックホルム・フィル/シベリウス全集シリーズ
第4弾(完結編)は交響曲第6番、第7番、他

2007年はシベリウス没後50周年という記念の年。フィンランドの作曲家、シベリウスは、スウェーデン人の医師の家庭に生まれています。フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語の二つということもあり、シベリウスはスウェーデン語で育ち、フィンランド語やフィンランドの民族的歴史に深い関心を抱くのは成人してからのことでした。
 そうした事情を考えると、シベリウスのレコーディングに非常に熱心に取り組み、いち早く全集ボックスをリリースしたのがスウェーデンのBISレーベルだったり、世界初の交響曲全集を制作したのがスウェーデンの名指揮者シクステン・エールリング[1918-2005]指揮するストックホルム・フィルだったり、スウェーデン人のブロムシュテットがシベリウスを得意としているのも十分に頷ける話です。
 今回、アシュケナージが全集録音のパートナーに選んだのはシベリウス演奏に伝統のあるストックホルム・フィル(ロイヤル・ストックホルム・フィル)。
 アシュケナージは30年近く前、デッカ・レーベルに交響曲全集や管弦楽作品集歌曲全集といった一連のシベリウス作品を録音しており、世界的にも高い評価を獲得していました。その後もコンサートで頻繁にシベリウス作品を取り上げ、1992年にボストン交響楽団とおこなった交響曲第2番の演奏会のライヴ盤も発売されるなど、シベリウスへの深い愛着を示してきたものです。
 エクストン・レーベルは、そうしたアシュケナージの豊富なシベリウス経験と蓄積の反映された演奏を細部まで緻密に再現すべく、きちんとセッションを組んでDSDレコーディングを実施、近年、ますますクオリティの向上が伝えられるロイヤル・ストックホルム・フィルのサウンドを完璧な状態に収録しています。

シベリウス交響曲全集完結盤。
旋律の影に秘められた音楽へのあくなき情熱と葛藤。
第1弾から第3弾まで大好評を得ているシベリウス交響曲シリーズ、遂に完結。完結盤 は、美しい弦楽のメロディとシベリウス独自の和声を特徴とする交響曲第6番、第7番です。ロイヤル・ストックホルム・フィル名物ともいえる、表現力豊かで透明感あふれる弦楽アンサンブルが、完璧な和声で疾走するような音の波を作ります。  組曲『カレリア』の勇壮で華やかな金管の活躍は前の二つの交響曲と対照的で聴き応え十分。一転して美しくはかない小品『悲しきワルツ』。最後は消え入るような旋律が静謐のうちに響きます。全曲を通して透明感のある音の束が壮大な旅路の終結を暗示します。(オクタヴィア)

ロイヤル・ストックホルム・フィル
ルーツは前身のアンサンブルの活動が開始された1902年にまでさかのぼることができますが、BISレーベルの75周年記念ボックスはその起源を1914年としていました。
 ともかく、現在のスタイルである「ストックホルム・コンサートホールのオーケストラ」としての活動は、1926年に開始されており、トスカニーニやワルター、クレンペラー、フルトヴェングラー、ストコフスキー、カラヤン、ホーレンシュタイン、クーベリック、フリッチャイ、ドラティ、オーマンディ、マルケヴィチなど錚々たる名指揮者たちが客演、数多くの名演奏を生み出して行きます。なお、歴代首席指揮者は下記の通りです。
 1915ー1924 イェオリ・シュネーヴォイクト
 1926−1936 ヴァーツラフ・ターリヒ
 1937−1940 フリッツ・ブッシュ
 1942−1953 カール・フォン・ガラグリ
 1955−1964 ハンス・シュミット=イッセルシュテット
 1974−1974 アンタル・ドラティ
 1974−1977 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
 1982−1987 ユーリ・アーロノヴィチ
 1987−1990 パーヴォ・ベルグルンド
 1991−1995 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
 1995−1998 アンドルー・デイヴィス、パーヴォ・ヤルヴィ
 2000−2007 アラン・ギルバート
 2008−     サカリ・オラモ
 首席指揮者や客演指揮者の顔ぶれからは、このオーケストラの位置づけが昔から国際的なレベルに置かれていたことがよくわかります。そうした伝統を背景に築かれてきたオーケストラ・サウンドが、まろやかで熟成したアンサンブルを基調にしながらも、ときに荒々しいまでの激しさや陶酔的なまでの叙情をみせるといったレンジの広い表現力を持ったものへと進化したことは、一連のロジェストヴェンスキー録音や、両ヤルヴィなどの指揮した録音でも明確に感じられたことです。

ハイブリッドSACD
なお、このアルバムには、通常CDのステレオ音声のほか、SACDステレオ音声、SACDマルチチャンネル音声(5.0)という3つの音声が収録されています。
 直接音の切れ味、楽器の音の細密な描写を味わうのであれば2チャンネル・ステレオが、ホールに響く全体の雰囲気を味わうにはマルチチャンネルが適しているとよくいわれますが、それらを聴き較べて楽しむのもハイブリッドSACDならではの楽しみと言えるでしょう。

収録データ
シベリウス:
・交響曲第6番 op.104 ・交響曲第7番 op.105
・組曲『カレリア』 op.11
・悲しきワルツ op.44-1
 ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
 ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
 録音時期:2006年11月8日−11日、2007年1月30日−2月3日
 録音場所:ストックホルム・コンサートホール
 DSDレコーディング
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND(5.0)

シベリウス全集シリーズ
Vol.1 交響曲第1番、第3番、恋する人
Vol.2 交響曲第4番、第5番、フィンランディア
Vol.3 交響曲第2番、他

内容詳細

オーケストラにはシベリウスに必要な響きがたっぷりとしみこんでいるので、指揮者がそれをごく自然に引き出した感じである。身体の芯まで寒くなるような風景ではなく、もう少し暖かい気候の雰囲気。色で言えば雪のような純白ではなく、クリーム色のよう。(白)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Sibelius: Symphony No.6 Op.104: I. Allegro Molto Moderato 09:04
  • 02. II. Allegretto Moderato 05:22
  • 03. III. Poco Vivace 03:37
  • 04. IV. Allegro Molto 09:01
  • 05. Symphony No.7 Op.105 20:36
  • 06. Karelia Suite, Op.11: i. Intermezzo 04:10
  • 07. ii. Ballade 07:55
  • 08. iii. Alla marcia 04:36
  • 09. Valse Triste 05:01

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
北欧の自然、動植物、風景、雪山、老いゆく...

投稿日:2010/12/06 (月)

北欧の自然、動植物、風景、雪山、老いゆく孤独、家族愛に包まれたシベリウスの名作をアシュケナージが、心優しく端正に表した好演。セッションとライヴの編集となっていますが、丹念な録音で、私は気になりません。労作。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
全集を通じて『こだわり』が感じられる。音...

投稿日:2008/06/14 (土)

全集を通じて『こだわり』が感じられる。音の増減、リズムの緩急が多用され、音楽から伸びやかさ、奥行きが失われている。大小の旋律は常に主張が強く、主役も脇役も横一線に並び、抑揚を感じさせない。総じて統一感、連続性に欠け、部分燃焼の集まりのように感じられた。録音は初期の交響曲を除いて優秀だが、Live&Sessionが多く、録音環境の違い(空間の違い)を感じさせる場面がある。

電気犬 さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
幽邃なる山脈の奥地から滾滾と湧き出る清水...

投稿日:2008/03/21 (金)

幽邃なる山脈の奥地から滾滾と湧き出る清水のような音色。雲水の境地に浸るようなシベリウス。その深遠なる美に刮目の一興。

シャモシャムリン さん | 北海道 | 不明

1

シベリウス(1865-1957)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品