シベリウス(1865-1957)
新商品あり

シベリウス(1865-1957) レビュー一覧

シベリウス(1865-1957) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

1368件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 録音のみの感想です。 これは、モノラルでは? または...

    投稿日:2021/11/21

    録音のみの感想です。 これは、モノラルでは? または、音の広がりが著しく狭いステレオか?

    Human@TheEarth さん

    0
  • 私は以前ORIGINAL盤を集めていたので、入手し...

    投稿日:2021/11/14

    私は以前ORIGINAL盤を集めていたので、入手しやすいのが米盤(Capitol)かイギリス盤でした。米盤はノイズが多く、イギリス盤は幾分優しい音でした。パワーフルなのは米版。大陸盤は本家本元Telefunkenです。演奏は 申し分なく、エールリンクの伴奏も見事なものです。エールリンクはMerculyで シベリウスの全集を録音しているだけあって、シベリウスの解釈の基本といえる もので。またこの演奏はシベリウス自身が自分が考える通りの演奏であると絶賛しています。本家本元、スエーデン盤はたしか「Tono」だった覚えがありますが なかなか入手は難しかったです。私はシベリウスは大変好きでBISのシベリウス大全集も入手しましたが、このヴァイオリン協奏曲も5種類ほど入手しました。近代ヴァイオリン協奏曲の中では1番ではないでしょうか。とにかくイントロの入り方がめちゃくちゃかっこいい。

    nick fald II さん

    0
  • 無駄に煽ることなく、じっくりと歌い上げた美しく力強...

    投稿日:2021/09/19

    無駄に煽ることなく、じっくりと歌い上げた美しく力強いシベリウスです。特に印象的だったのは、6番のフィナーレ。何と美しい響きなんだろう。聴く度に溜め息が出ちゃいますね。少し前までは、6番なんてよく分からないぜベイベーなんて言っていたけど、それが今ではあーた、この演奏のおかげで大好きな交響曲になりましたよ。7番も濃厚で素晴らしい。藤岡さんと関西フィルの素晴らしき演奏にブラヴォー!

    MATATABI さん |40代

    0
  • 必聴である。 真正面からスコアに立ち向かっている。...

    投稿日:2021/09/13

    必聴である。 真正面からスコアに立ち向かっている。 ケチの付けようのない音楽が眼前に拡がる。 細部まで聴き分けることのできる録音も素晴らしい。 星5つ以外あり得ないと思う。

    ぼなぺてぃ さん

    0
  • アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団による、...

    投稿日:2021/09/07

    アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団による、2014年のライヴ録音で、曲目はワーグナーの「タンホイザー」序曲とシベリウスの交響曲第2番。レーベルはBSOクラシックスという独自レーベル。ボストン響のサウンドはクリアで、特にシベリウスの作品については向いていると思う。行ったことはないが、フィンランドの冷涼な空気感を味わえる。ネルソンスの指揮は外連味なくストレートなタクトなので、作品の素性を描出することに長けている。ワーグナーも爽やかな演奏である。

    Ichirokagawa さん

    0
  • ハイティンクの意外なレパートリーと思われるかもしれ...

    投稿日:2021/08/28

    ハイティンクの意外なレパートリーと思われるかもしれません。実は1960年代後半、ロンドンフィルハーモニーと来日時公演からのNHK放映に感服した記憶があり、この発売を楽しみにしていました。ステレオ録音ながら労音が今一つなのが残念ですが、聴衆のbon bonの声から名演だった様子がわかります。

    なかのも さん

    1
  • フェスでの定期はアンサンブルが崩壊して散々な出来で...

    投稿日:2021/08/15

    フェスでの定期はアンサンブルが崩壊して散々な出来で、朝比奈ファンの間でも落胆の声しきりの演奏でした。当時からEXTONの録音が入っていることは知られていましたが、こんなボロボロの演奏はさすがにお蔵入りだろうという声が大半。20年余りの歳月を経てリリースされ、これはいくらなんでも御大の不名誉になるのでは、、、と心配しましたが、リハやゲネプロの演奏をうまくつぎはぎしたようで、実演でのボロボロ演奏とは違い一応体裁は整っています。朝比奈と大フィルらしい大らか、豊かな響きの魅力も随所に聴かれます。しかし、やはりつぎはぎのツクリモノ感はぬぐえません。ビクター盤の超名演と比べると明らかに感銘は劣ります。とはいえ、年来の朝比奈ファンにとってはやはり懷しい、貴重な記録ではあるのですが。。。

    Theta さん |50代

    0
  • 1960年代半ば頃にDGGに録音されたカラヤンとベルリン...

    投稿日:2021/08/11

    1960年代半ば頃にDGGに録音されたカラヤンとベルリン・フィルのシベリウスは、今聴いても名演揃いだったと思う。何れもLPで馴染んでいるものだが、今回の3つのフォーマットで収録さたBDディスクも、瑞々しい音質で堪能した。5枚のCDも、オリジナルの組み合わせとジャケットデザインで楽しめる。組み合わせを変えれば4枚以内に納まってしまうのだろうが、そうしなかったことは適切な判断だと評価したい。CDの再生に関しては、NOSのDACを使うと、自然な音質で不満なく聴ける。規格としてはSACDやBDに見劣りするかもしれないが、CD本来の音質は決して低品質のものではないのですよ。

    Erdinger さん |60代

    2
  • いかにも朝比奈さんのシベリウスですね。「朝比奈のブ...

    投稿日:2021/07/30

    いかにも朝比奈さんのシベリウスですね。「朝比奈のブルックナー風」シベリウスとでもいいましょうか。一本筋の通った演奏です。朝比奈さんの音楽を愛する人なら、お薦めします。私は愛聴盤になりそうです。北欧の楽団のもの(例えばベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィルとかネーメ・ヤルヴィ指揮イェーテボリ響とか)とは随分違うので、好き嫌いは分かれると思います。でも、これはこれでいい演奏と思います。朝比奈さんのシベリウス2番には、1970年代の録音もありますが、オーケストラのレベルが段違いです。こちらは安心して聴いていられます。音質についてですが、説明にあるとおり、江崎さんによる収録なので、十分にいい音質です。他の江崎さんの録音とは収録方法が違うので(こちらはワンポイント収録)、感じは違いますが。あと、昨年、「カーテンコール」という配信サイトで同じ演奏が配信されましたが、あちらはモノラルっぽい、ちょっと残念な音質でしたが(たぶん記録用の音源でしょう)、こちらの音源とは全く別です。久々に朝比奈さんの音楽を堪能しました。

    さっちゃん さん

    0
  • 遅めのテンポを基本とするキタエンコにとって、シベリ...

    投稿日:2021/07/30

    遅めのテンポを基本とするキタエンコにとって、シベリウス2番はどうなのだろう、と聴く前はやや不安もあったが、杞憂に終わった。かつての晩年のバーンスタインのような弛緩したところは皆無で、むしろその遅さはスケールを巨大化させることに成功しているのだ。曲自体が第1楽章出だしのテンポですべて決まってしまう構成ではなく、指揮者の解釈次第で、例えば売り出し中のロウヴァリのような自在な表現が可能だ。キタエンコの指揮は第4楽章のクライマックス目指して登り続けるベテラン登山家のようなしっかりとした足取りで、ゆったりと登っていく。キタエンコのアルバムに外れがないのは、このスタイルにブレがないからなのだ。グリーグのLAST SPRINGは、最もキタエンコ向きの曲であり、今のこの時代に最も必要な癒しの音楽そのものになっている。

    白文鳥 さん |60代

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%