シュトックハウゼン(1928-2007)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ツィクルス、日本、ティーアクライス、他 フライ、カスケル、エトヴェシュ、M.シュトックハウゼン、他(2CD)

シュトックハウゼン(1928-2007)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
6955982
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

20TH CENTURY CLASSICS
シュトックハウゼン:ツィクルス、日本、ティーアクライス、他(2CD)


20世紀の代表的な音楽作品を作曲家ごとにまとめた20TH CENTURY CLASSICSシリーズの第3回目の発売です。ファンの注目をあびて好評のセールスを続けています。
 今回はバルトーク、ブリテン、プーランク、シュトックハウゼン、プロコフィエフの作品が登場。いずれもブリリアント・ボックス、8ページ・ブックレット。(EMI)

【収録情報】
CD1
シュトックハウゼン
・ツィクルス(打楽器のための)
 トリスタン・フライ(打楽器)

・シュピラールI(エレクトロニウムと短波受信機のための)
 ハラルド・ボジェ(エレクトロニウム)

・極(エレクトロニウム、エレクトロコードと短波受信機のための)
 ハラルド・ボジェ(エレクトロニウム)
 ペーター・エトヴェシュ(エレクトロコード)

・シュピラールII(ツィター、尺八、草笛、シンセサイザーと短波受信機のための)
 ペーター・エトヴェシュ(指揮)

 録音時期:1971年12月
 録音場所:ロンドン
 録音方式:ステレオ

CD2
・日本〜「来たるべき時代のための17のテクストによる直観音楽」
 (エレクトロニウム、打楽器とエレクトロコードのための)
・眠らずに〜「来たるべき時代のための17のテクストによる直観音楽」
 (エレクトロニウム、打楽器とエレクトロコードのための)
 ハラルド・ボジェ(エレクトロニウム)
 クリストフ・カスケル(打楽器)
 ペーター・エトヴェシュ(エレクトロコード)

 録音時期:1971年12月
 録音場所:ロンドン
 録音方式:ステレオ

・ティーアクライス(十二宮)(トランペットとオルガン版) (1974)
 マルクス・シュトックハウゼン(トランペット)
 マルガレータ・フールホルツ(オルガン)

 録音時期:1992年年4月
 録音場所:ヴァルトザッセン、聖堂教会
 録音方式:デジタル

・友情をこめて(Esトランペットのための)
 マルクス・シュトックハウゼン(トランペット)

 録音時期:1995年1月
 録音場所:エルフシュタット
 録音方式:デジタル

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Karlheinz Stockhausen (1928 - )
    Zyklus
    演奏者 :
    Fry, Tristan (Percussion)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 1959, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 13:1
    • 録音場所 : , []
  • Karlheinz Stockhausen (1928 - )
    Spiral 1
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : ,
    • 言語 :
    • 時間 : 15:15
    • 録音場所 : , []

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「ZYKLUS」はまるで禅寺にいるような...

投稿日:2013/01/22 (火)

「ZYKLUS」はまるで禅寺にいるような感覚を打楽器から感じた。 その名もズバリ「JAPAN」という曲も収録している。 シュトックハウゼンの真骨頂である電子音楽もこのCDから入れば怖くない! ちなみに虫歯の治療で歯科にかかっている人はシュトックハウゼンの電子音楽を聴いて反射的に歯が削られているときの痛みがよみがえってくるかもしれませんのでそのへんは要注意です。 個人的にはトランペットのための「In Freundschaft」が興味深かった。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
 シュトックハウゼン関連のCDがバカ高い...

投稿日:2009/08/08 (土)

 シュトックハウゼン関連のCDがバカ高い中、この値段でこの量を聞けるというのは非常にうれしいもの。  しかしながら――ごく個人的な十代の意見だと思ってもらえればうれしいのだけれど――、一枚目の演奏はどれもオモシロクはなかった。アレを音楽と言い張るのであれば、ラジオのチューナー調整も立派な音楽になってしまうことだろう。  その点で言えば二枚目の方はしっかりとした音楽になっていたので、大変楽しめた。  人によっては二枚目しか楽しくないかもしれないし、あるいは両方等しく楽しめるかもしれない。もしくは二枚とも真っ二つにしたい気持ちになるかもしれない。どれになるにせよ、この値段であれば安い授業料で澄むのではないだろうか。

吊り木 さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
★
★
なぜシュトックハウゼンが「イロモノ」なの...

投稿日:2009/07/11 (土)

なぜシュトックハウゼンが「イロモノ」なのか? しょーもない表示はやめてほしい。 こんな無意味なおせっかいを、ユーザーの誰かが希望したのか? 仮に希望があったとしても、バカにあわせる必要など無い。

無明 さん | ZIMBABWE | 不明

9

シュトックハウゼン(1928-2007)に関連するトピックス

おすすめの商品