シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD

『こうもり』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル、ヒルデ・ギューデン、ヴァルデマール・クメント、他(1960 ステレオ)(2CD)

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD8111
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

ヨハン・シュトラウ2世:『こうもり』
ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル


ギューデン、クメント、ケート等ウィーンの名歌手を揃えた贅沢なカラヤン指揮による『こうもり』。ウィーン・フィルの演奏も特筆ものです。「ガラ・パフォーマンス」はテバルディ、ニルソン、ビョルリンクといった豪華歌手陣がポピュラー・ソング等を披露したもので、「こうもり」とは別にロンドンとローマで録音され、LP発売時にカップリングされたものです。
 ※歌詞対訳は付いておりません。(メーカー資料より)

ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』全曲

ロザリンデ・・・・・・・・・・・ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)
アイゼンシュタイン・・・・ヴァルデマール・クメント(テノール)
アデーレ・・・・・・・・・・・・・エリカ・ケート(ソプラノ)
ファルケ・・・・・・・・・・・・・ヴァルター・ベリー(バス)
フランク・・・・・・・・・・・・・・エーベルハルト・ヴェヒター(バリトン)
オルロフスキー公・・・・・・レジーナ・レズニク(メゾ・ソプラノ)、他
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1960年6月 ウィーン

〔ガラ・パフォーマンス部分〕
レナータ・テバルディ(ヴィリアの歌)、ビルギット・ニルソン(一晩中踊れたら)
マリオ・デル・モナコ(パッショーネ)、テレサ・ベルガンサ(バスク地方の子守唄)
ユッシ・ビョルリンク(きみはわが心の全て)、レオンティーン・プライス(サマータイム)、他
録音:1960年6月、7月 ロンドン&ローマ

24bit/96kHzリマスター
※歌詞対訳は付いておりません。

内容詳細

1960年の録音。ギューデン(S)やクメント(T)ら錚々たる往年の名歌手たちの名唱はいまでは“伝説的”。若きカラヤンの棒も溌剌としている。第2幕と第3幕の間に挿入される「ガラ・パフォーマンス」は別取りしたものをカプリングしたもので、こういう作り方は時代を感じさせる。(弘)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ディスク   2

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
こうもりといえばウィーンとミュンヘンの大...

投稿日:2021/07/16 (金)

こうもりといえばウィーンとミュンヘンの大晦日。必ずある訳ではないけれど、2幕のオルロフスキー公爵の夜会でのガラパフォーマンスがお楽しみ。実際、シュターツオーパーの大晦日なら、ちょっとしたものが期待出来たりする。それをちょっと有り得ないような豪華版で再現したのがこの録音。なにしろガラの出演者がデル・モナコにビョルリンクにテバルディにバスティアニー二に、それがまたここでしか歌わないだろう、みたいなものを歌っている。というのを楽しく聞くのがこの録音の楽しみというものでしょう。「こうもり」で野暮なことを言うものではありません。というのを承知で言えば、「こうもり」としてはこちらの方がやっぱりいいよなぁ、というのがあるのは間違いないところ。そして、カラヤンのオペラはこんなものではないのだよ。

Verdi さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
まさしくカラヤンの畢生の名録音・名演奏の...

投稿日:2020/07/29 (水)

まさしくカラヤンの畢生の名録音・名演奏の1枚。今となってはこれ以上の名盤は作りえない。プロデュースはジョン・カルショー、エンジニアはゴードン・パリー。歌手もこれ以上集められない。ギューデン、クメント、Eケート、W.ベリー、Eヴェヒター、Eクンツ、ガラパフォーマンス、これがまた豪華絢爛、テバルディ、コレナ、ニルソン、モナコ、ベルガンサ、ビュルリンク、Lプライス、シミオナート、バスティアニーニ、ヴェーリッチ。まさにDeccaの黄金時代がなせるわざだった。ウィーン音楽にはやはりウィーンフィルがよく似合う。この作品にはガラが含まれていない録音もありますがやはりこの作品にはガラ付がベストでしょう、楽しさが倍増する・・・・・。私は特別カラヤンファンではないですが、これを聞くとやはりカラヤンはすごかったとい、いうことでしょう。

nick fald II さん | 静岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
1960年という、カラヤンがウィーン国立...

投稿日:2010/02/08 (月)

1960年という、カラヤンがウィーン国立歌劇場の監督をしていた、名実ともにヨーロッパの楽壇の帝王であった全盛時代の名演である。何よりも、歌手陣がいかにも豪華だ。当時のウィーンで活躍していたギューデン、クメント、ケート、そしてヴァルター・ベリーなどの歌手陣だけでも豪華なのに、加えてガラ・パフォーマンスとして、テバルディ、二ルソン、デル・モナコ、ベルガンサ、プライスなど、オペラの主役級の超豪華歌手陣を揃えている。当時の帝王カラヤンの有無を言わせぬ圧倒的な権威を象徴するものと言えるだろう。そして、これら超豪華歌手陣を圧倒的な統率力で纏め上げたカラヤンの力量も驚異的の一言であり、「こうもり」という娯楽作を一流の芸術作品にまで引き上げた手腕は、さすがという他はない。カラヤン&ウィーン・フィルも、実に躍動感溢れる演奏を行っており、こうもりに必要不可欠の、「会議は踊る」といった表現に相応しいウィーン風の高貴かつ優美な雰囲気の醸成にもいささかの不足はない。こうもりには、クライバーの名演もあるが、歌手陣の豪華さ、そしてカラヤンの圧倒的な統率力、ウィーン・フィルの高貴にして優美な演奏に鑑みれば、カラヤンの二度目の録音となる本盤の演奏を、同曲随一の名演と評価することに躊躇しない。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

3

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品