シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

管弦楽曲集 ベーム&シュターツカペレ・ドレスデン、ベルリン・フィル(3CD)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
463190
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

カール・ベーム / R.シュトラウス:管弦楽曲集(3CD)

R.シュトラウスと親交のあったカール・ベームは、数多くのオペラ上演を中心に、彼の芸術の振興に大きく貢献、オーケストラ・レパートリーでも、慧眼というほかない、作品を知り尽くしたアプローチで聴き手を魅了しました。
 当セットには、そんなベームが残したシュトラウス録音から代表的なオーケストラ・レパートリーが集められておリ、ベームならではの質実剛健なアプローチが作品本来の味わいをよく引き出しています。
 国際化する以前のベルリン・フィルを指揮した『ツァラトゥストラはかく語りき』『祝典前奏曲』『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』『ばらの騎士のワルツ』『サロメの踊り』の5作品はすでに名演奏として有名なもので、重厚壮麗で骨太なサウンドが素晴らしい聴きものとなっています。
 名門シュターツカペレ・ドレスデンを指揮した『アルプス交響曲 』『ドン・ファン』『英雄の生涯』の3曲は残念ながらモノラル録音ですが、ステレオ直前の時期だったということもあり音の解像度や質感は上々。
 なお、最後に収録されたシュターツカペレ・ドレスデンとの『死と変容』は、1972年のザルツブルク音楽祭におけるライヴで、実演ならではのパワフルな演奏がステレオ録音で楽しめるのがポイントです。

CD1
・アルプス交響曲 Op.64 [51:55]
 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1957年9月、ドレスデン(モノラル)

・交響詩『ドン・ファン』Op.20 [17:00]
 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1957年9月、ドレスデン(モノラル)

・歌劇『ばらの騎士』Op.59〜「第三幕のワルツ」 [07:47]
 ベルリン・フィルハーモニー
 録音:1963年4月、ベルリン(ステレオ)

CD2
・交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』Op.30 [34:47]
 ベルリン・フィルハーモニー
 録音:1958年4月、ベルリン(ステレオ)

・祝典前奏曲 Op.61 [12:50]
 ベルリン・フィルハーモニー
 ヴォルフガング・マイヤー(org)
 録音:1963年4月、ベルリン(ステレオ)

・交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』Op.28 [15:00]
 ベルリン・フィルハーモニー
 録音:1963年4月、ベルリン(ステレオ)

・楽劇『サロメ』Op.54〜「7枚のヴェールの踊り」 [09:38]
 ベルリン・フィルハーモニー
 録音:1963年4月、ベルリン(ステレオ)

CD3
・交響詩『英雄の生涯』Op.40 [41:43]
 シュターツカペレ・ドレスデン
 エーリッヒ・ミュールバッハ(vn)
 録音:1957年2月、ドレスデン(モノラル)

・交響詩『死と変容』Op.24 [22:15]
 シュターツカペレ・ドレスデン
 録音:1972年8月、ザルツブルク(ステレオ)
 ザルツブルグ音楽祭におけるライヴ録音

収録曲   

ディスク   1

アルプス交響曲 Op.64 [51:55]

  • 01. Nacht - Sonnenaufgang [05:19]
  • 02. Der Anstieg [02:14]
  • 03. Eintritt in den Wald [03:15]
  • 04. Eintritt (cont.) - Wanderung neben dem Bache- Am Wasserfall- Erscheinung [04:22]
  • 05. Auf blumige Wiesen-Auf der Alm-Durch Dickicht-Auf dem Gletscher [06:13]
  • 06. Gefahrvolle Augenblicke - Auf dem Gipfel - Vision [10:14]
  • 07. Nebel steigen auf - Die Sonne verdüstert sich - Elegie [03:31]
  • 08. Stille vor dem Sturm [02:51]
  • 09. Gewitter und Sturm, Abstieg [03:51]
  • 10. Sonnenuntergang [02:03]
  • 11. Ausklang - Nacht [08:02

交響詩『ドン・ファン』Op.20 [17:00]

  • 12. Don Juan, Op.20 [17:00]

歌劇『ばらの騎士』Op.59〜「第三幕のワルツ」 [07:47]

  • 13. Walzerfolge [07:47]

ディスク   2

交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』Op.30 [34:47]

  • 01. Prelude (Sonnenaufgang) [01:37]
  • 02. Von den Hinterweltlern [03:39]
  • 03. Von der großen Sehnsucht [02:01]
  • 04. Von den Freuden und Leidenschaften [01:50]
  • 05. Das Grablied [02:17]
  • 06. Von der Wissenschaft [04:58]
  • 07. Der Genesende [05:18]
  • 08. Das Tanzlied - Das Nachtlied [08:05]
  • 09. Das Nachtwanderlied [05:02]

祝典前奏曲 Op.61 [12:50]

  • 10. Festliches Präludium, op.61 [12:50]

交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』Op.28 [15:00]

  • 11. Till Eulenspiegel's Merry Pranks (Till Eulenspiegels lustige Streiche), Op. 28 [15:00]

楽劇『サロメ』Op.54〜「7枚のヴェールの踊り」 [09:38]

  • 12. Salome's Dance of the Seven Veils [09:38]

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私は日本盤を持っています。このCD集は多...

投稿日:2012/10/27 (土)

私は日本盤を持っています。このCD集は多分それと同等の音質だと思うので、コメントします。まず「英雄の生涯」。とかくウィーン盤がほめられ、当盤は見過ごされがちですが、実はウィーン盤に勝るとも劣らない大変充実した名演です。録音当時の機材の特性のため超高音が伸びず中低音が団子状に響くために印象が悪くなりがちですが、イコライザーで調整すると、ウィーン盤と見まごうほどの素晴らしい演奏なのです。またさらに、当時のベームの引き締まった音楽作りによって、曲にウィーン盤以上の緊張感があたえられ、圧倒的な感銘を受けます。同様に、音がモゴモゴしがちの「アルプス交響曲」も、音質調整すると、豪快であるとともに美しさも兼ね備えた完成度の高い名演であることが分かります。残念なのは、音質が録音年代相応のものであると言うことです。演奏の真価が分かるリマスタリングによる再発売を期待しているところです。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

3
★
★
★
★
★
気力みなぎる演奏ではある。録音自体には期...

投稿日:2012/10/15 (月)

気力みなぎる演奏ではある。録音自体には期待しなかったが、ドンファンや英雄の生涯などは新しい他者の優れた演奏(CD)もあることから、このセットがベストとは言えない。が、しかしベームが振るシュトラウスには言葉では言い表せない「品格」を感じる。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
名演揃いの聞きごたえあるアルバム。特に私...

投稿日:2009/05/02 (土)

名演揃いの聞きごたえあるアルバム。特に私の好みはアルプス交響曲(格調高い)、英雄の生涯(抜群の推進力と引き締まった造形)、死と変容(壮大な音のドラマ-ライブ72年)。アルプス、英雄、ドンファンはモノラルなのが残念だが音は聴きやすい。音響にこだわる人(シュトラウスの場合それも理解できるが)、派手な効果がお好きな方にはおすすめできないが、シュトラウスの音楽を愛する人にはぜひお勧めしたい。作曲者と親交厚かったべームの真摯な探求の成果がここにある。

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

7

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト