シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ピアノ三重奏曲全集 ロバート・レヴィン、ノア・ベンディックス=バルグリー、ピーター・ワイリー(2CD)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PDD021
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


室内楽のエキスパート集結!
レヴィン、ベンディックス=バルグリー、ワイリーが奏でる
シューベルトのピアノ三重奏曲全集!


博学ロバート・レヴィンが実力派の演奏家とともに録音を実現している「LE PALAIS DES DEGUSTATEURS」レーベルからの新録音は、シューベルトのピアノ三重奏曲全集です。共演は現在ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーと、かつてボザール・トリオのメンバーとしても活躍し、現在グァルネリ四重奏団のチェロ奏者をつとめるピーター・ワイリーという室内楽のエキスパートが揃った豪華メンバーによる演奏です!
 著名なピアニストにして音楽学者、作曲家のロバート・レヴィンはJ.S.バッハやモーツァルトなど18世紀の作曲家による未完の作品の校訂および補筆を行なっており、モーツァルトのレクィエムではモーツァルト自身のスケッチに基づいて改訂を行うなど、その功績は高く評価されております。ここに収録されたシューベルトでも博学レヴィンらしいこだわりをもった内容。ピアノ三重奏曲第2番の最終楽章では原典版と出版時にカットした版を収録しております。このカットは展開部の98小節を含め、846小節にもおよびます。楽曲を知る上でのお手本ともいえる精緻な演奏でシューベルトのピアノ三重奏曲の世界を堪能することができます。(輸入元情報)(写真 輸入元提供)

【収録情報】
Disc1

シューベルト:
● ピアノ三重奏曲変ロ長調 D.28
● ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調 Op.99, D.898
● ピアノ三重奏曲『ノットゥルノ』変ホ長調 Op.148, D.897

Disc2
● ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調 Op.100, D.929
● ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調 Op.100, D.929より第4楽章(カット版)

 ロバート・レヴィン(ピアノ)
 ノア・ベンディックス=バルグリー(ヴァイオリン)
 ピーター・ワイリー(チェロ)

 録音時期:2016年12月12-16日
 録音場所:フランス、ボーヌ市、ルイ・ジャド社のジャコバン修道院
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ディジパック仕様

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 純真にシューベルトのピアノ・トリオを愉...

投稿日:2021/08/02 (月)

 純真にシューベルトのピアノ・トリオを愉しむことができる。どこまでも朗らかな第1番とドラマチックな展開を宿した第2番。これに加えてノットゥルノと若い時期のトリオも含み、聴きごたえもあるし、シューベルトのピアノ・トリオの創作史を紐解くこともできる。  私が特に大好きな第2番、通例で行われてしまうカットが無い完全版の第4楽章を愉しむことができるのが購入の動機。カット版(約100小節弱削られたバージョン)の第4楽章が好きな方にもトラックが用意され、どちらのバージョンも聴き比べることができるのは、音楽学者でもあるロバート・レヴィンらしい計らいといえよう。  シューベルトの心の闇や絶望を抉り出すような演奏とは違う。客観的かつ落ち着いた足取りで演奏が行われる。それは私の好みとはどちらかというと違うものだが、晴朗な雰囲気の中に苦みや渋みをほのかに漂わせる丁寧なつくりに好感を抱いてしまう。このレーベルらしい芳醇な赤ワインのような味わいに酔いしれてみてはいかがだろう。

うーつん さん | 東京都 | 不明

0

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品