シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Piano Sonata.18: Afanassiev

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
75446
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

  • Franz Schubert (1797 - 1828)
    Sonata for Piano in G major, D 894/Op. 78
    演奏者 :
    Afanassiev, Valery (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1826, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 48:58
    • 録音場所 : 10/1992, La Chaux-de-Fonds, Switzerland [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この曲の演奏はすでにアシュケナージのLP...

投稿日:2013/01/11 (金)

この曲の演奏はすでにアシュケナージのLP,内田光子のCDを持っていますが,彼のブラームスの小品集を聴いて感銘をうけ,買ってみました。  アファナシエフの演奏についてはいろいろな形容がなされ,さらに本人のコメントも多いので様々に意義づけされることが多いです。しかし,ライナーノーツや演奏評にとらわれずに無心で聞いていると,とても美しい演奏です。素晴らしいです。それだけです。

lightnin さん | 青森県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この曲は21番の先駆けというよりも、シュー...

投稿日:2010/01/16 (土)

この曲は21番の先駆けというよりも、シューベルトのソナタの中で特異な存在と言ってもよい曲です。譜面上は簡単に見えます。冒頭の10-15小節の左手はfisをオクターブで鳴らすだけ。でもそこに万感のニュアンスが漂います。この曲はロシアのピアニストに良い演奏が多く、リヒテルとアファナシエフはゆっくり聞かせる演奏としては双璧だと思います。このジャケットのように「雪の白」のような共感があるのでしょうか。リヒテルが抑制を前面に出すのに対し、アファナシエフは静謐を主とします。メリハリの強調は全てPPのため。アファナシエフの演奏、第一楽章も第二楽章も同じテンポに聞こえますが、この静謐感に一旦浸ると他は演奏効果を狙っているのではないかと思えてしまうような演奏です。いや、第三楽章のメヌエットも同じに聞こえるかも。静謐の裏にシューベルトの孤独が見えます。シューベルトはやはり人生の辛さを音楽にした作曲家である、とアファナシエフは静かに訴えています。私はこの演奏が本当に好きです。

てつ さん | 千葉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ちょっと言葉で言い表せないので、何もレビ...

投稿日:2006/10/23 (月)

ちょっと言葉で言い表せないので、何もレビューしていないのに等しいかも知れませんが、すごい曲のすごい演奏。本当に、この曲、この演奏はユニークですね。ジャケットのwhite on whiteも、なんだかすごい。

Wolferl さん | 火の国 | 不明

1

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品