シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Piano Sonatas: Schnabel

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7642592
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

シュナーベル/シューベルト録音集成(4枚組)

1932〜39年、SP復刻(音質良好)。戦前のベートーヴェン解釈の権威として知られ、表現主義の作曲家としても著名だったシュナーベルのシューベルト録音を集成したもの。シューベルトのソナタは現代でこそポピュラーですが、当時は専門家の評価、一般の人気、ともに低いものでした。
 シュナーベルはデュナーミク操作やアゴーギグを駆使して作品のドラマトゥルギーを強調。言わばベートーヴェンに近いスタイルでシューベルトを演奏し、これら作品の魅力を広く知らしめました。
 こういった歴史的な役割を別にしても、彼が示した表現の彫りの深さは現代ではなかなか求め得ないものであり、他の演奏者の録音をお持ちの方にも是非接して頂きたいと思います。

収録曲   

  • 01. Sonate Fuer Klavier Nr.17 D-dur D.850
  • 02. Sonate Fuer Klavier Nr.20 A-dur D.959
  • 03. Sonate Fuer Klavier Nr.21 B-dur D.960
  • 04. Moments Musicaux D.780
  • 05. Marsch E-dur D.606

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
相当に好き嫌いが別れる演奏だと思います。...

投稿日:2009/04/30 (木)

相当に好き嫌いが別れる演奏だと思います。リヒテルやブレンデルのような演奏が好きな方には容易に受け入れられないかもしれません。ルービンシュタインのような演奏が好きな方にはお勧めです。私にとってはどの曲もシューベルトを奏でて最高の音楽に聴こえます。例えば17番のソナタでロンドをここまで無心に弾いた演奏は滅多にないのではないでしょうか。融通無碍ではあっても、少なくとも「下品」ではありません。シューベルトの楽しさも悲しみも感心するほど表されています。録音の悪さを超えて作曲家と演奏者が通わせる心の音に耳を傾けていただ

ezorisu さん | 京都府 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
厳しい意見で申し訳ないが、面白く聴かせよ...

投稿日:2006/03/12 (日)

厳しい意見で申し訳ないが、面白く聴かせようとして、過度に表情をつけ、ことごとくシューベルトの美を損ねている。大衆に媚びようとする単なる俗受けの一発ブロー。某評論家が「神聖なシュナーベル」などと書いていたが、この録音を聴く限り、正気を失ったか、単なる戯言にしか聞こえない。ベートーヴェン演奏史に残る、20世紀で最も偉大な解釈を提示した同じ人物とは思えないほど、下品だ。当時の不評はこの演奏を聴くかぎり、全く当然だと思う。シューベルトに関しては、復権に寄与したリヒテル・ケンプ・ブレンデルらに遠く及ばない。

ひのき饅頭 さん | 愛媛県 | 不明

0

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品