シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD

String Quartet, 13, 14, : Alban Berg Q (1984)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE14182
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

「死と乙女」は、後のライヴ録音のものもあるが、こちらは最初の録音。正確で緻密なアンサンブル、深くて鋭い楽譜の読み、その上で4人が一体となって高揚してゆく様は、他の追随を許さない高みに達している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
文句のない完璧な演奏です。 「上手すぎて...

投稿日:2019/12/27 (金)

文句のない完璧な演奏です。 「上手すぎて、、、」との声も時々聞きますが、素人にはこれで十分です。しかし、録音が少し硬い気がします。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
恥ずかしながら62歳になるまで「死と乙女」...

投稿日:2017/04/23 (日)

恥ずかしながら62歳になるまで「死と乙女」を聴かずにいたのですが、今この曲を聴いて感動しました。弦楽四重奏という演奏形態を大きく超えるパワーやスケールを感じます。同時に美しい。シューベルトを今まであまり聞かなかったことを後悔しています。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
★
 劇的な、あるいは劇薬的な「死と乙女」が...

投稿日:2013/06/14 (金)

 劇的な、あるいは劇薬的な「死と乙女」が特に気に入っている。1st VnのG.ピヒラーの美しい音がいつも胸が締め付けられる。そして同時に、美し過ぎるが故に現実とかけ離れた夢うつつのような感覚を起こしてしまう錯覚にいつもとらわれてしまう。 すでに解散してしまったのは残念だが、こういった録音を残してくれたことを感謝せずにはいられない。この後に出たライヴ盤(EMI 1997年)もあわせておすすめ。

うーつん さん | 東京都 | 不明

1

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品