シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD

Winterreise: F-dieskau / Barenboim

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCG4043
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. 冬の旅*歌曲集

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フィッシャー=ディースカウのグラモフォン...

投稿日:2021/07/06 (火)

フィッシャー=ディースカウのグラモフォンへのスタジオ録音では3度目のもの。バレンボイムを相方に3つの歌曲集を録音した内のもの。1979年の録音ですが、確かにこの頃のディースカウは恐らくは一番脂の乗っていた時期なのかも知れません。バレンボイムの伴奏も達者。ただ、個人的には好みの分かれるところかとも思います。確かにいいのですが、ちょっと「歌い過ぎ」の感も無きにしも非ず、といったところでしょうか。

Verdi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
F=ディースカウの「冬の旅」の現時点で少...

投稿日:2009/08/05 (水)

F=ディースカウの「冬の旅」の現時点で少なくとも13種の録音中、「最も劇的」な歌唱で、72年頃録音のムーア盤と並んで世評の高い録音です。この頃のF=ディースカウは前年に「ポリーニ盤」。この演奏と同じ年に「ブレンデルとの映像」も残し、大活躍の時期でもありましたから、それもうなづけましょう。

まさやん さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
★
☆
評論家諸氏から冬の旅のNo.1と評される19...

投稿日:2008/02/18 (月)

評論家諸氏から冬の旅のNo.1と評される1979年録音盤です。以前の録音と異なりディースカウはテノールよりの歌唱です。バレンボイムの創造力あふれる伴奏が、本音盤のディースカウの歌唱を引き立てています。私は60年代のバリトン音盤の歌唱の方が、冬の旅の解釈には適していると思っていますが、皆さんは如何でしょうか。比較の意味においても一聴に値する音盤です。

古今東西 さん | 横浜 | 不明

2

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品