シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

シューマン:おとぎ話、3つのロマンス、クルターグ:『サイン、ゲームとメッセージ』より、他 エレーヌ・ドゥサン、ルイ・ロルティ、他

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FUG611
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴィオラ、クラリネットとピアノのための作品集

フランス出身のヴィオラ奏者エレーヌ・ドゥサンは、2011年にジュネーヴ州立高等音楽院を卒業後、この世代随一のソリストとして活躍するほか、アンサンブル「2e2m」のメンバーとしても活動しています。
 彼女が強い情熱をもってシューマンに取り組むこのアルバムでは、現代を生きる作曲家クルターグの作品と対峙させることにより、お互いの特性を引き立てるという稀有な試みを成功させました。全部で24曲あるクルターグの『サイン、ゲームとメッセージ』から5曲を選び、その間にシューマンの『3つのロマンス』を挟み込むという実験的な試みも素晴らしい効果を生んでいます。もう一つ収録されたクルターグ作品もシューマンへのオマージュであり、親和性が高いのは当然のこと。作風は異なっているものの、音楽が目指す方向が近い作曲家だからこそ、このような共鳴が生まれるのだと言えるでしょう。
 ドゥサンのヴィオラは鳴らし過ぎることなく、常に優しく耳当たりの良い音色で、19世紀と20世紀が生んだ巨匠の音楽を丁寧に歌い上げています。「CHANDOS」レーベルに録音の多いロルティの参加も注目です。(輸入元情報)

【収録情報】
1. シューマン:おとぎの絵本 Op.113
2. クルターグ:サイン、ゲームとメッセージ〜Perpetum Mobile(常動曲)
3. シューマン:ロマンス第1番(Nicht schnell)
4. クルターグ:サイン、ゲームとメッセージ〜Doloroso(嘆くように)
5. シューマン:ロマンス第2番(Einfach, innig)
6. クルターグ:サイン、ゲームとメッセージ〜Jelek I(しるし1)
7. クルターグ:サイン、ゲームとメッセージ〜Jelek II(しるし2)
8. シューマン:ロマンス第3番(Nicht schnell)
9. クルターグ:サイン、ゲームとメッセージ〜In Nomine - all'ongharese(神の御名において)
10. クルターグ:R.Sch.(ロベルト・シューマン)へのオマージュ
11. シューマン:おとぎ話 Op.132


 エレーヌ・ドゥサン(ヴィオラ)
 ロナルト・ファン・スパーンドンク(クラリネット:10,11)
 ルイ・ロルティ(ピアノ:1,3,5,8)
 ナタナエル・グーアン(ピアノ:10,11)

 録音時期:2017年11月18,19日、12月18-20日
 録音場所:エリザベート音楽院
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品