ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、シューベルト:『未完成』 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1978 ステレオ)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT289
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル
1978年ウィーン・ライヴ衝撃の復刻第2弾
ムラヴィンスキー未亡人所蔵のステレオ音源使用!


ムラヴィンスキーとレニングラード・フィルは1978年6月にオーストリア・ツアーを行ない、12、13両日にウィーン楽友協会大ホールでチャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、ブラームス、シューベルトの交響曲などを演奏しました。これらはドイツ・オイロディスクからLP発売され、さらに日本のビクターからもLP、ついで1985年にCD発売されましたが、いずれも不鮮明な音質なゆえ、ファンにいささか不満を残したものでした。
 それを今回、ムラヴィンスキー未亡人所蔵の音源から新マスタリングを施し、本来の驚くべき姿で出現しました。
 当時のレニングラード・フィルは、ムラヴィンスキーの徹底的な訓練により、超人的とも言える演奏技術を修得していました。それと同時に、オーストリア放送のエンジニアの想像を超えるダイナミックレンジの広さを備えていたため、何らかの操作を加えられ、レコードの枠に入りきれないエネルギーが惜しくもカットされていたようです。
 ALTUSでは、新音源を駆使してダイナミックレンジも元の状態で再現、さらに旧盤で会場ノイズを抑えるために不鮮明となった音質も原音に戻した結果、信じ難いほどの名演が姿を現しました。ご期待下さい。

まず、ショスタコーヴィチ。第1楽章の冒頭の、何という凄まじい音だろうか。ここだけでも他の指揮者を完全に圧倒している。平林直哉

ムラヴィンスキーとレニングラード・フィルが、ウィーン楽友協会大ホールで1978年6 月12日と13日に行なったコンサート・ライヴ。この時の録音がかつてLP、CDでリリースされた際、シューベルトの『未完成』とショスタコーヴィチの交響曲第5番は、同日のチャイコフスキーの交響曲第5番やブラームスの交響曲第2番に比べれば、録音の不鮮明さが少ないとされてきました。しかし、今回新音源からのマスタリングで、その驚くべき実像が明らかになりました。
 両曲ともムラヴィンスキーとレニングラード・フィルによるいくつかの録音が存在しますが、このアルバムは本当に凄いです。『未完成』第1、第2楽章両者冒頭の緊張感に満ちた弱音とそのニュアンス、展開部等でみられる徐々に音量を増していく際の、恐ろしいまでの厳しさ、そして第2楽章終結部の天国的な清明さなど、神の手以外に考えられない至芸。ショスタコーヴィチの5番も、冒頭から異様な緊張感に満ち、強音では牙をむくような激しさ。全体にスピード感に満ちていますが、どんなに細かなパッセージも1つの楽器が奏でているようなアンサンブル能力が超絶的。ムラヴィンスキーの本当の凄さを実感させてくれます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・シューベルト:交響曲第8番ロ短調『未完成』D.759
・ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 Op.47

 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 
 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮) 

 録音時期:1978年6月12、13日(ウィーン芸術週間)
 録音場所:ウィーン楽友協会大ホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 使用音源:アレクサンドラ・ヴァヴィーリナ=ムラヴィンスカヤ・アーカイヴ

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
レビューではなくて意見というか感想です。...

投稿日:2014/10/02 (木)

レビューではなくて意見というか感想です。SACD化も予想/期待した上で、CDが出たときに買ったし、SACD化されたら買い足すつもりではいました。が、非圧縮で109分というSACDの収録時間を生かして、それぞれ一日分のコンサートを一枚に収めてくれるものだと(勝手に)期待していたんです。6月12日 ショスタコーヴィチ:5番+チャイコフスキー:5番、13日 オベロン序曲+未完成+ブラームス:2番。これが良かったんじゃないですか?

SACDが好き さん | 神奈川県 | 不明

15
★
★
★
★
★
70年代末、BOX盤で売り出され話題になった...

投稿日:2014/05/25 (日)

70年代末、BOX盤で売り出され話題になった名盤。ウィーン楽友協会に招かれいつも以上に白熱した演奏を展開している。特に弦はヨーロッパの残響の豊かな会場での演奏だけに豊麗な響きだ。かつてのLPではヒスノイズが多く音が遠くまるで2階席で聴いているような音だったせいか、ファンの間に評価が分かれ、90年代まではCDが市場に流通していたのにここ10年ほどは廃盤になっていたはず。持っていたCD(当時のLPは人に売ってしまった)と比べても、どういう操作をしたのか驚くほど近い音像の鮮明な響きになっており、大げさな売り文句も、これに関していえば、全く嘘ではないといえる。特にショスタコーヴィチは別物で腹に響く手弦や打楽器の生々しさが凄まじく、いつものホームので演奏同様のムラヴィン節炸裂だ。3楽章は弦や管の休止がホールの長い残響と溶け合い崇高で美しい。 未完成も古典的フォルムの中に激情がほとばしり、優れた演奏だ。これは曲の性格上、PPが多く、テープの高域ノイズをカットできず改善が難しかったのは残念だ。テープノイズの問題はもともとの録音状態に起因したもののようで、一説には気難しいムラヴィンスキーが、この2日の公演の録音に難色を示したため、ORFがマイクを目立たない場所に置かざるを得なかったという事情があったようで、その状況を考えると致し方ないものと考えるべきだろう。

eroicka さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
ショスターコービッチより未完成に、より強...

投稿日:2014/05/02 (金)

ショスターコービッチより未完成に、より強く惹かれました。 この曲を演奏したムラビンスキーの真価が、改めて強く感じられました。

クラシック大好き さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品