ショパン (1810-1849)
新商品あり

ショパン (1810-1849) レビュー一覧 203ページ目

ショパン (1810-1849) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

2074件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • オリジナル楽器による柔らかで透明な音色が美しく、心...

    投稿日:2003/03/15

    オリジナル楽器による柔らかで透明な音色が美しく、心のこもった演奏である。この演奏に使われているピアノには、現代のグランドピアノにはない柔らかさと暖かさが表現できるようだ。残念な点は、「クラコビアク」が収録されていないことである。

    姫 さん

    0
  • 衝撃的価格。一音一音を慈しむようなワルツ、夜想曲も...

    投稿日:2003/03/12

    衝撃的価格。一音一音を慈しむようなワルツ、夜想曲も素晴らしいが、重厚で男性的なポロネーズ・スケルツォもいい。特にヘ短調バラードは恐ろしい程の緊迫感、デカダンスとは無縁の寂寥感・底光りする美に満ち、コーダの狂気は凄い。史上最高の演奏と言える。

    彦左衛門 さん

    2
  • 1番はジャジャ馬アルへの真骨頂で超激烈ライヴ!やは...

    投稿日:2003/03/05

    1番はジャジャ馬アルへの真骨頂で超激烈ライヴ!やはり彼女は魔女か化け物。従来のstudio盤は存在感無し。でもルービンシュタインの2番が更に素晴しい!この歳で何と瑞々しい感受性!うら若き天才Chopinの恋心の襞を痛切に訴えかけてくる!僕はここで初めて2番の深淵を垣間見た。当然ロヴィツキ/WPOの伝統美溢れるサポートも効果絶大。共にstereoliveで2番は少し音質劣るがピアノは綺麗。

    風雷暴 さん

    1
  • 待ちに待った中村さんの7年ぶりのショパンアルバム。...

    投稿日:2003/02/23

    待ちに待った中村さんの7年ぶりのショパンアルバム。演奏に関しては何も言うことはないのですが、録音に少し不満が残りました。あまりにも音がクリアー過ぎてバスの音が薄くなってしまっているような気がします。95年録音の、スケルツォ第2番でのバスの深さには圧倒されました。

    まあたん さん

    0
  • ばらばらで何枚も持っていたのが遂にでっかいボッグス...

    投稿日:2003/02/16

    ばらばらで何枚も持っていたのが遂にでっかいボッグスになってしまった。フランソワだけの幻想的な優雅な感動的な演奏。もうこれ以上はないだろう。そしてその値段を見てまたびっくり。遂にまた注文してしまいました。

    ブラームス さん

    0
  • ポリーニだけに期待が大きすぎるのだが実演の凄み・白...

    投稿日:2003/02/15

    ポリーニだけに期待が大きすぎるのだが実演の凄み・白銀の輝き・アウラが不足。驚くほど楽譜に忠実な再現で(しかも自然)1・2番の音のアラベスクには感嘆するが、例えば4番は悲劇的運命の重厚な輝きに満ちたルービンシュタイン盤の感動はない。評論家先生方がこぞって激賞だからいいか。

    彦左衛門 さん

    0
  • アルゲリッチがDGに録音した名演奏が、3集にまとめ...

    投稿日:2003/01/16

    アルゲリッチがDGに録音した名演奏が、3集にまとめられている。そのうちのソロピアノの集だが、もちろん演奏は非のうちどころのない素晴らしさ(アルゲリッチのベストの時期かもしれない)。全演奏がOIBP化されていて、音質もクリアでリアル。その点だけでも、今までのCDを買い換えるに値するコレクションだと思う。

    naminchu さん

    0
  • 70年代エチュードを録音したころよりも技巧の衰えを感...

    投稿日:2003/01/03

    70年代エチュードを録音したころよりも技巧の衰えを感じなくはないが、聴こえてくる音楽に深みが感じられるようになった。以前とは異なる円熟したポリーニのショパンはヒューマンな味わいがある。

    d.kurowa さん

    1
  • 昔のような「カミソリのような」テクニックはどこへい...

    投稿日:2002/12/31

    昔のような「カミソリのような」テクニックはどこへいってしまったのだろう・・・。技巧的にはものたりなさを感じるが、葬送行進曲や幻想曲での歌いまわしは、アシュケナージのこれまでの音楽活動の集大成を感じさせるすばらしい演奏。

    d.kurowa さん

    1
  • 若さで弾ききった鮮やかな演奏。この年(20代後半)にし...

    投稿日:2002/12/31

    若さで弾ききった鮮やかな演奏。この年(20代後半)にしてこの完成度!と思わされる。

    d.kurowa さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%