反逆の神話 「反体制」はカネになる ハヤカワ・ノンフィクション文庫

ジョセフ・ヒース

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150505806
ISBN 10 : 4150505802
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
592p;16

内容詳細

ビートニク、ヒッピー、パンク。50年代から今日まで続くカウンターカルチャーの思想は、体制への反逆を掲げながらその実、快楽と「差異」への欲望を煽ってカネを生み、資本主義を肥らせているにすぎない―実効性なき「反体制」の欺瞞を哲学×経済学の見地から暴き出すとともに、ルールや規制によって社会を具体的に変えることを追求する里程標的名著。刊行15年を総括する序文1万字を付した新版。

目次 : 第1部(カウンターカルチャーの誕生/ フロイト、カリフォルニアへ行く/ ノーマルであること/ 自分が嫌いだ、だから買いたい/ 極端な反逆)/ 第2部(制服と画一性/ 地位の追求からクールの探求へ/ コカ・コーラ化/ ありがとう、インド/ 宇宙船地球号)/ 結論/ 後記

【著者紹介】
ジョセフ・ヒース : 1967年生まれ。哲学者。トロント大学哲学部教授。同大学ムンク国際問題・公共政策大学院教授。同大学倫理学センター元所長

アンドルー・ポター : 1970年生まれ。ジャーナリスト。トロント大学で哲学の博士号を取得。「オタワ・シチズン」紙の編集長を務めた後、現在マギル大学マックスベル公共政策大学院准教授

栗原百代 : 翻訳家。1962年生。早稲田大学第一文学部哲学科卒、東京学芸大学教育学修士修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 塩崎ツトム さん

    叛逆それ自体はただ単に他者との差異を拡大させて、あたらしい資本主義の市場を生み出し、だれかのしょうもない特権意識、「洗脳されてない、本当の意味で良くわかっているワタシタチ」をうみだしているに過ぎない。本当に社会を変革したいなら、地道に規制法などを制定するように、議会に働きかけるしかない。それが民主主義だし、「最後の革命などない」のだから。ところでみんな選挙行った?

  • ozawa さん

    『民主的な「異議申し立て」のプロセスは「ヤツら」に取り込まれているから、世界を変えるには「逸脱」しかない』このような思考がいわゆるカウンターカルチャーである。彼らは極論しか言わないため、民主主義的な「異議申し立て」に基づいて社会をわずかながら改善しようとするリベラルが迷惑をしているとして、「逸脱」を勧めるカウンターカルチャー側を非難しているが、「異議申し立て」と「逸脱」は車輪の両輪みたいなモンで、どちらも片方無しには存在しないのではないか。とはいえ、本書で批判されている西洋の文化左翼のアホさ加減よ。

  • erechorse さん

    文化論、みたいな本を読むことはほとんどなかったが、前から気になっていたので新版を機に読んでみたら、率直に言ってとても面白かった。彼らが反逆と呼ぶ製品・活動が面白いように体制と一致していく様を議論として見ることができた。中には自分がどっぷりハマった(なんなら今も)製品にも指摘があり、非常に耳が痛いのだが、そんなのは気にならないぐらい面白い。 一番興味深かったのは「フロイトvsホッブス」の項。欧米人にとってヒトラーの存在は近代社会におけるトラウマであり、これがカウンターカルチャーを招いたのかと勉強になった。

  • 森のくまさん さん

    具体例が多く論点を見失いそうになるけど、言いたいことは感覚的にわかる。 カウンターカルチャー的思想はむしろ消費を産んで資本主義と相性が良いこと。何かを解決するときは大きな話にもっていかないで、地味でも個別具体な解決策を提示すべき、ってことかな。もう一度読もう。

  • クロノ さん

    ツイッターでの紹介ツイートで興味を持ち購入。知識不足で難しい部分もあったが濃ゆい文化と政治と経済の話で読み応えあったし面白かった。話の幅が広くて分厚いけど飽きずに読める。もっと知識をつけてまた再読したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品