新商品あり チケット受付中

ジョン・ウィリアムズ レビュー一覧

ジョン・ウィリアムズ | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

41件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • John Williams conductorとの記載がありますが、ディ...

    投稿日:2015/11/07

    John Williams conductorとの記載がありますが、ディスク1のトラック1・2は、それぞれ、10年ほど前にロイヤル・フィルレーベルがリリースしたニック・イングマン指揮RPO、トルガ・カシフ指揮RPOの演奏と同一音源です。

    s-watch さん

    6
  • このCDはジョン・ウィリアムズが、フィリップスからソ...

    投稿日:2021/10/04

    このCDはジョン・ウィリアムズが、フィリップスからソニーに移籍した後に録音された音源を、集めたBOXである。 1989年から2016年にかけて収録された20のアルバムを収録。 収録されているのは自作の映画音楽やコンサート作品はもちろん、クラシックやマーチ、同時代の現代音楽、ポップスやクリスマスソング、スウィングなどなど様々なジャンルの曲が集められている。 その他ソリストを招き、ウィリアムズが伴奏に回ったアルバムも収録している。 首席指揮者を務めたボストン・ポップス・オーケストラや、ロンドン交響楽団らゆかりのある団体による映画音楽はさすがだし、スウィングでのノリの良さはアメリカらしい、とかく指揮者、ジョン・ウィリアムズの様々な一面を知れるBOXである。 そのほとんどが気軽に聴ける曲なの曲目に興味があればおすすめだ。 CDはクラムシェル仕様の簡単なものだが、そこそこ詳しく書かれたライナーが付いている。

    レインボー さん

    5
  • 誰もが聞いたことのある楽曲が、誰も聞いたことがない...

    投稿日:2020/08/15

    誰もが聞いたことのある楽曲が、誰も聞いたことがないレベルで演奏される。改めてウィーンフィルの凄さを思い知らされる。またこれほど楽しげに演奏する彼らの姿は見たことがない。ベートーヴェンは素晴らしい。モーツァルトも勿論だ。だが、音楽はクラシックだけが全てではない。それを、クラシックの権化であるウィーンフィルに改めて教えて貰った。これは素晴らしい音楽だ。

    cano さん

    5
  • 予約させていただきました。このような日がやってくる...

    投稿日:2020/06/05

    予約させていただきました。このような日がやってくるとは。夢のようです。ジョン・ウィリアムズ氏がかつて「スターウォーズ」のサントラを録音する際に「名だたる大指揮者に鍛え抜かれたロンドン交響楽団を振れて光栄」とおっしゃっていたのを聞いたことがあります(正確な文言ではないかも知れませんが)。しかし、ついにウィーンフィルですか。ひねくれた見方かも知れませんが、カラヤン、バーンスタイン、ベーム、クライバーなど、巨匠たちが権勢を誇っていた時代であったのなら、このような企画は成立していなかったのかも知れません。ジョン・ウィリアムズ氏=ウィーンフィルで来日してくれないかな。あり得ないだろうけれど。個人的には「アナキンのテーマ」も演奏してくれていたらなお良かったです。

    JAZZMAN さん

    4
  • あのムジークフェラインでスター・ウォーズが鳴り響く...

    投稿日:2020/05/22

    あのムジークフェラインでスター・ウォーズが鳴り響く!映像を観て思わず興奮! 曲の冒頭で聴衆が思わず拍手、そしてスタンディングオベーション!分かる分かる! 今から発売までウキウキ気分で待つことにしよう!

    HONA さん

    4
  • ジョン・ウィリアムズの映画音楽を、ロイヤル・フィル...

    投稿日:2022/02/27

    ジョン・ウィリアムズの映画音楽を、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏したCDです。 本CDのために録音されたものではなく、いくつかの機会に録音されたものを集めた編集盤です。 収録されているのウィリアムズの映画音楽の中でも有名な曲ばかりではありますが、何故かスターウォーズのメインテーマの収録はありません。 基本的メインテーマを選曲しています。 楽譜は作曲家が自身で編曲したものや、他の作曲家がコンサート用にアレンジした楽譜が使われています。 多少オリジナルと違いますが、雰囲気を損なうまでは行っていない質の良いアレンジです。 指揮はニコラス・レインやニック・イングマン、ポール・ベイトマンと映画音楽を得意とするマエストロに、クイーン・シンフォニーを作曲した作曲家のトレガ・カシフが担当しています。 どの演奏もロイヤル・フィルの高い演奏技術と華やかになる金管、歌うストリングスとどれもが見事なもの。 特にスーパーマンはテンポ設定も良く、この曲の名演の一つ。 録音は2002年から2007年に録音されたものだがどれも綺麗で迫力ある録音だ。

    レインボー さん

    2
  • ウィーンフィルとの共演がいま一つでしたが、やはり、...

    投稿日:2022/02/25

    ウィーンフィルとの共演がいま一つでしたが、やはり、ベルリンフィルは凄い。映像が無くても冒頭から映画の世界に引き込まれます。年齢的に、もう共演は難しいかも知れないけど、名演が増えました。ありがとう、ジョン・ウィリアムズ。ありがとう、ベルリンフィル。

    かるび さん

    2
  • もう50歳台後半になってしまいましたが、 中学生の時...

    投稿日:2022/02/09

    もう50歳台後半になってしまいましたが、 中学生の時に、初めて大きな映画館で 未知との遭遇、スターウォーズを見て 映画がすばらしかったのはもちろん、 オーケストラの演奏する映画音楽がとてもすばらしかったので 当時レコードのサウンドトラックを買ってよく聞いていました。 ズービンメータ指揮ロスフィルのスターウォーズもありました。 スーパーマン、E.T.、インディージョンズなどの映画も見ましたが いつでも有名な映画の音楽はジョンウイリアムズが書いていて とても才能のあるすごい人だなと思っていました。 ここ数年ではようやく地元のオーケストラで ジョンウイリアムズの映画音楽が演奏されたり フィルムインコンサートで東京フィルの演奏で スターウォーズの映画音楽が映画と同時演奏でなされたりしていますが それより前は、そのような演奏はほとんどなく、 なぜこのようなすばらしい音楽がクラシック音楽と同様に 生のオーケストラで演奏されないのだろうと 残念に思っていました。 時は過ぎ ジョンウイリアムズは90歳近くになり ウィーンフィルやベルリンフィルといった 超一流オーケストラで演奏されることをうれしく思います。 また90歳になってもまだ現役で指揮ができるのは とても光栄なことで音楽好きなものにとっては 宝物だと思っています。 あと何年かすると こういう曲も クラシック音楽になっていき コンサートで演奏されるようになるんでしょうね。 とてもすばらしい演奏です。 ウィーンフィルやベルリンフィルと 全国ツアーなど やってくれればいいのですが 年齢が年齢なだけに 無理でしょうかね。

    カラヤン さん |50代

    2
  • オーケストラの音楽が如何に良いかを多くの人達に実感...

    投稿日:2020/09/03

    オーケストラの音楽が如何に良いかを多くの人達に実感させてくれる素晴らしいディスクです。特に、ブルーレイで見る画像は、とても美しく大画面のディスプレイでも思わず見入ってしまいました。さて、演奏ですが、全体的に抑えめのテンポで、ウィーンフィルの音の美しさを引き立たせており、特に、ホルンと弦楽器群の音は、他のオーケストラでは、絶対真似のできない、素晴らしいものです。ジョンウィリアムズの指揮は、確かに隙が多く、残念な感じもありますが、何と言っても自らが造った名作を慈しみながら、演奏している様は、我々がとても批判できるものではありません。また、ムターのヴァイオリンも後にいく程、素晴らしい冴えを見せていくのも興味深いです。何れにしても、コロナ禍直前に、このコンサートが開けたことに感謝するしかありません。是非、ブルーレイで見て、聴いてください。なお、余談ですが、このウィーンフィルの使用している、いくつかの特有な楽器は、とある日本のメーカーが多くの苦難を通して、彼らの強い要望を受けて蘇らせてものであることを、最近、ある書籍で読みました。これらの演奏を聴いて、より一層誇らしく感じました。

    ふなし さん

    2
  • ウィーン・フィルが映画音楽を!何だか面白そうという...

    投稿日:2020/08/22

    ウィーン・フィルが映画音楽を!何だか面白そうという好奇心(失敬!)に近い感覚で、思い切って映像付きデラックス盤(国内盤)を購入。これが実に素晴らしい。いや、敢えて別の表現をするとすれば、実に「自然」な演奏といえるかもしれません。冒頭に述べたような「あのウィーン・フィルが!」みたいな下手な物珍しさは微塵も感じさせず、ウィリアムズの音楽があたかも当然のように馴染んでいます。ある意味で、このような「自然」さこそがウィーン・フィルの最高峰たる所以なのかなとも考えます。また、ムターを独奏に迎えたことで、いくつかのナンバーがまるでクラシカルなコンチェルトのような格調高さを備えることに成功しており、この点でも、いわゆるポップスコンサートのような軽妙なもの(私はポップスコンサートも好きです)とは一線を画していることは明らかといえるでしょう。なお、CDあるいはBluray-Audioでは曲ごとの拍手が除かれており、曲の鑑賞に集中することができて良かったです。色々と述べてきましたが、とにかく一聴下さればと思います。プログラム順に通して聴くのも良いでしょうし、お気に入りのナンバーから聴き始めるのも何だかワクワクしますね。ブックレットも読みごたえがありましたので、是非ともデータのみでなく、パッケージ版(金箔押のDGロゴが美麗!)を店頭やネットで購入されることをオススメします。

    ブルノのおっさん さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%