ジョーン・G・ロビンソン

人物・団体ページへ

すえっこメリーメリー 子どもの本

ジョーン・G・ロビンソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784477010267
ISBN 10 : 4477010265
フォーマット
出版社
発行年月
1999年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,123p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    図書館(講座):@びっくりプレゼントAお金をかせぐB写真をうつしてもらうCハンドバッグDゆきおとこ 5人兄弟の末っ子メリーメリー。4人の兄姉にごちゃごちゃ言われても、少しもくじけず、自分らしく、自分なりに、自分の方法でやってのけ、皆を驚かせるお話。兄弟が多いってこんな幸せな事なんだ。自分をぐずぐず虫だと思う人は読んでみて。

  • しーまま さん

    いまにも末っ子って感じだなぁ。面白いけど、ちょっとイラッとくるかも。

  • さくらもち さん

    5人きょうだいの末っ子メリーメリーは、兄さんたちに邪魔っ気にされても、自分の思いのままに行動して、いつもみんなを驚かせる。 挿絵も著者によるもので、愛らしくユーモアもあってとても素敵。メリーメリーの小さな毎日の大きな出来事は、子どもってこんな風に感じてるんだなぁと思い出させてくれる。

  • まりこ さん

    メリー・メリーは、五人きょうだいの末っ子。姉兄に、「大きくなったらね」「あっちへいきなさい」と邪魔にされたって、おとなしくなんかしていません。ちょっと頑固で、元気いっぱい。お行儀だってちゃんと知ってます。いきいきと動きまわるメリー・メリーは、今にも本の中から飛び出してきそう。ゆったり温かで、ユーモアのある大人たちも魅力的。小学校低学年から。くすくす笑って、ぎゅっと抱きしめたくなる1冊。とってもおすすめ。

  • ピコ さん

    借り読し、とても気に入ったので購入。メリーメリーとバセットさんの会話など、なんとも言えないおかしさでかなり好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品