スタニスワフ・レム

人物・団体ページへ

FIASKO‐大失敗 スタニスワフ・レムコレクション

スタニスワフ・レム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336045027
ISBN 10 : 433604502X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,434,14p

内容詳細

遭難救助に失敗し、自らをガラス固化した宇宙飛行士が、22世紀に蘇生して太陽系外惑星とのコンタクトに志願する。しかし意志疎通の手段が見つからず、任務は暗雲を帯びていく…。レム最後の神話的長篇。

【著者紹介】
スタニスワフ・レム : 1921年、旧ポーランド領ルヴフ(現在ウクライナ領)に生まれる。クラクフのヤギェウォ大学で医学を学び、在学中から雑誌に詩や小説を発表し始め、1950年に長篇『失われざる時』三部作を完成(第一部が『変身病棟』)。地球外生命体とのコンタクトを描いた三大長篇『エデン』『ソラリス』『砂漠の惑星』のほか、『金星応答なし』『泰平ヨンの航星日記』『宇宙創世記ロボットの旅』など、多くのSF作品を発表し、その第一人者として高い評価を得る。70年代以降は『完全な真空』『虚数』(いずれも国書刊行会)『挑発』といったメタフィクショナルな作品や文学評論のほか、『泰平ヨンの未来学会議』『泰平ヨンの現場検証』『地球の平和』『大失敗』などを発表。小説から離れた後も、独自の視点から科学・文明を分析する批評で健筆をふるい、中欧の小都市からめったに外に出ることなく人類と宇宙の未来を考察し続ける「クラクフの賢人」として知られた。2006年に死去

久山宏一 : 1958年、埼玉県生まれ。東京外国語大学卒、早稲田大学大学院博士後期課程中退。アダム・ミツキェーヴィチ大学(ポーランド・ポズナン市)より文学博士号(スラヴ文学)取得。現在、東京外国語大学など非常勤講師。ロシア・ポーランド文化研究、ポーランド語通訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 春ドーナツ さん

    「未知との遭遇」をここまでリアルに描いたものはないだろう(と思う)。活劇的要素はなくて、淡々と物事は進行していくのだけれど、強靭な説得力がある(と思う)。読み進めていく内に、そもそも「人間とは何か」という、ある種宇宙的であり、根源的な問いに私は直面した。答えがあるとすれば、宗教、哲学、物理学から得られるのかも知れない。本書にはこの3要素が濃密に織り合わされている。2篇の作中作は巧妙な伏線であり、アナロジーと解釈できる(思索の有効な手段だと思う)。結末の衝撃で鳥肌が立つ。そして謎に満ちていて、余韻が揺蕩う。

  • 月をみるもの さん

    レムの最後のファーストコンタクトものを読むなら、「天冥の標」が完結し、かつ「三体」の続きが出る前、つまり今しかない。いちばん心に残ったエピソードは、ついに人類が意識を持つAI を完成させたら、「素人質問で恐縮ですが『意識』ってどういうものなんだかご存知でしたら教えてもらえませんか?」って問われた、、、ってエピソードかな。。

  • プラス3 さん

    世のファーストコンタクトSFがあまりにもご都合主義なことに我慢ならなかったレムが「ええ加減にせえよお前ら、ワイがちょっと手本見せたるわ」と腕によりをかけて書き上げた最後の長編。大筋は『ソラリス』と同じだが、『砂漠の惑星』や『天の声』『ゴーレムXIV』などを思い起こさせる記述が至る所にあり、まさしくレムの集大成と呼べる作品です。なのでオチも今まで通り・・・いえ、今まで以上ですね、ハイ。最後の最後でああ来るとか、なんてワーストコンタクトだ!。読了後「レムは最後までレムだったのだなあ」と思い知る。

  • roughfractus02 さん

    異種知性とのファースト・コンタクトが失敗するのは人類知性の限界に由来するからだ、と本書は説く。主人公が惑星クウィンタ探索の任務に就く時すでに失敗の雰囲気に満たされるのは、宇宙船内で対話する「GOD」なるコンピュータに他の知性とコンタクトする際の観察者役を担わせたためだろうか?人類がプログラムした「GOD」はその知性の範囲を出ず、知性の限界から失敗が生じてもコミュニケーションの不可能性を認めない場合、自己内対話を繰り返して大失敗へとなだれ込む。1986年刊の本書は後の米国のイラク査察失敗を予言したとされる。

  • ESO さん

    これまで読んだSFの中で一番読み難い。内容が理論的過ぎて理解できかった。でも、それでも読み通せたのは、SFの王道的ストーリーであって、好奇心を湧き立てる物語だったからだと思っている?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品