SACD 輸入盤

交響曲第2番『アスラエル』 フロール&マレーシア・フィル

スーク(1874-1935)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BISSA1776
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

極彩色の音のパレットで描かれた悲痛な音楽

SACDハイブリッド盤。チェコの作曲家ヨゼフ・スーク (1874-1935) はドヴォルザークの娘婿で、同名のヴァイオリニストの祖父。アスラエルは死の天使で、1904年、師にして義父のドヴォルザーク追悼のために作曲を開始したものの、愛妻までも急逝してしまい、絶望のなか完成させたといわれます。演奏時間1時間に及ぶ大曲で、R.シュトラウスばりの華麗な管弦楽法により、悲痛かつ美しい音楽が繰り広げられます。マレーシア・フィルのボルテージの高さに注目です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・スーク:交響曲第2番ハ短調Op.27『アスラエル』
 マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・ペーター・フロール(指揮)

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
マレーシアのオーケストラで、チェコ音楽。...

投稿日:2013/09/05 (木)

マレーシアのオーケストラで、チェコ音楽。逃げ出したくなる処ですが、さにあらず。潤沢な国営石油会社からの資本で、ヨーロッパから、奏者、指揮者連れて来て、実力向上、ヨ―ロッパの演奏家団体から、お叱りを、受けるほど、やって来てしまった。まだ、甘い、と、思う処はある。でも、早い時期から日本の演奏家にも、目を付けていたBISレーベルが、契約するだけの事は、ある。フロールも、しっかり手綱を、締めての好演。東南アジアのオーケストラを聴く日が、来るなんて。うかうかしてられません。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品