チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

SHM-CD

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ヒグドン:ヴァイオリン協奏曲 ハーン、V.ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1500
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ヒラリー・ハーン/チャイコフスキー&ヒグドン:ヴァイオリン協奏曲
大幅日本先行発売 来日記念盤

ヒラリー・ハーンによるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の登場。ハーンはここでも作曲者の意図を重視し、かつては一般的だった大胆なカットや装飾のあるアウアー版ではなく、チャイコフスキーのオリジナル通りの楽譜を使用しています。
 組み合わせは、ヒラリー・ハーンのために書かれたヴァイオリン協奏曲。作曲者は『管弦楽のための協奏曲』でも知られるアメリカの人気女性作曲家ジェニファー・ヒグドン[1962- ]。彼女はこの曲の成功によって2010年にピュリッツァー賞を受賞しています。ちなみにヒグドンは、ヒラリーが16歳の頃、カーティス音楽院で「20世紀音楽史」を教わっていた先生でもあります。

【収録情報】
・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
・ヒグドン:ヴァイオリン協奏曲
 ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴァシリー・ペトレンコ(指揮)

内容詳細

ハーンのルーツ(カーティス音楽院)繋がりのカップリングは意外ながら大いに楽しめる。米加の主要オケが共同委嘱した作品がリヴァプールで録音された経緯は不明なれど、出来上がった音(演奏)は深い。DGのリリースながらアビーロードのスタッフが加わって、すっきり見通し良い録音に仕上がった。★(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ヴァイオリンはかなりのレヴェルですが、い...

投稿日:2021/07/13 (火)

ヴァイオリンはかなりのレヴェルですが、いかんせんオケが弱い!チャイコフスキーはライブでそ再録を期待します!

困ったお父さん さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これほど心に響く演奏はなかなか無いでしょ...

投稿日:2014/09/20 (土)

これほど心に響く演奏はなかなか無いでしょう。是非SACDを!

poo さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
思わず1726年に何が起きたのか検索してしま...

投稿日:2014/01/01 (水)

思わず1726年に何が起きたのか検索してしまいました・・関係無かったです、1楽章の1726は、二人(ヒグドンとハーン)の出会いの場所を意味してるんですね。。 ヒグドンは現存の作曲家らしく、オーケストラを一つの楽器の様に編曲しちゃう技量はさすがです・・・3楽章の激しいフレーズに圧倒されます。。

awildduck さん | 北海道 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品