チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD

ヴァイオリン協奏曲、ゆううつなセレナード クレーメル、マゼール&ベルリン・フィル

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5361
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200 VOL.2
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ゆううつなセレナード
クレーメル、マゼール&ベルリン・フィル


クレーメルとマゼールの初顔合わせによるチャイコフスキーです。クレーメルの鋭い感性は現代的に研ぎ澄まされ、チャイコフスキー特有の抒情性を感情たっぷりに演奏しています。マゼールもベルリン・フィルを見事にコントロールして、きめの細かい演奏で全体をリリシズム溢れるものに仕上げています。(UNIVERSAL MUSIC)

【収録情報】
チャイコフスキー:
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.35
● ゆううつなセレナード 変ロ長調 op.26


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ロリン・マゼール(指揮)

 録音時期:1979年12月
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
数十年聴き続けていますが、至高の演奏です...

投稿日:2021/02/01 (月)

数十年聴き続けていますが、至高の演奏です。私はミルシテインの演奏でチャイコンにどっぷりハマったので、それを超える演奏に出会えるとは思ってなかったのですが……この一枚に出会ってしまいました。初めて聴いた時、まさに金縛りにあったように、耳がはなせなくなりました。毎年数回、初心に返るごとく、この演奏を聴いています。墓場にまで持っていきたい(数枚のうちの・笑)一枚です。

市やん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 淡麗辛口、そのもののチャイコフスキーで...

投稿日:2015/06/28 (日)

 淡麗辛口、そのもののチャイコフスキーです。甘くて芳醇なチャイコフスキーを予想して聴くと驚くかもしれません。 クレーメルの鋭利なヴァイオリンの音色と演奏がすさまじい。カデンツァも甘さはなく、キリっとひきしまってます。マゼールとベルリン・フィルのバックも同様のアプローチでソロと拮抗しつつ歌いあげています。

うーつん さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品