LPレコード 輸入盤

交響曲第6番「悲愴」:フェレンツ・フリッチャイ指揮&ベルリン放送交響楽団 (180グラム重量盤レコード/Speakers Corner)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SLPM138135
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

Peter Tchaikovsky: Symphony No. 6 (“Pathetique“)
Radio-Symphony-Orchestra Berlin
conducted by Ferenc Fricsay

Recording: 17-19 and 22 September 1959 at Jesus-Christus Kirche, Berlin, by Gunter Hermanns and Werner Wolf
Production: Otto Gerdes

Format: 1LP 33rpm

Configuration: standard sleeveMade during the pioneering days of stereo technology when everyone was vying for a piece of the cake, it is hard to believe that this absolutely top-notch recording of Tchaikovsky’s “Pathetique“ has never been brought to the ears of music lovers until today. And it is even more unbelievable since it was made by a first-class orchestra, the Berlin Radio Symphony Orchestra, and conducted by one of the greatest conductors of the 20th century, Ferenc Fricsay. The reasons for the non-release are a matter of speculation because those responsible have kept them under their hat.
Not even the man behind the microphone, Werner Wolf, can recall making this recording - although a yellowed recording protocol discloses carefully noted details about the recording venue and date. No wonder that the tapes never got made into records. It is not with a little pride and much joyful anticipation that the announcement can be made: the record is spinning on the turntable at last!
And at long last a gap in Fricsay’s repertoire can be closed. Specially recommended: listen to the wonderful clarity of the upper strings which is preserved even in the softest passages.

This record was part of the 3-LP Set “The Conductors“ and is now available again. ( SPEAKERS CORNER RECORDS )

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
チャイコフスキーの考えていた通りの、作曲...

投稿日:2021/03/21 (日)

チャイコフスキーの考えていた通りの、作曲家の理想に最も近いに違いない名演です。過去を振り返って思いどどまる気持ちが演奏に現われています。この味の濃さがなければ、チャイコフスキーの特徴は生かされないと思います。総決算のようなフィナーレでは、自然なテンポの流動が、音楽を一層感動的なものにしています。ほとんど激変のような変化ですら、痛切な音楽の流れの中で、全く作為を感じさせず自然に行われるのです。

classic さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
フリッチャイ自身が第1楽章の一部を再録音...

投稿日:2021/03/03 (水)

フリッチャイ自身が第1楽章の一部を再録音したいという希望がありながら、彼の早すぎる病死により実現出来なかった録音です。演奏は第一級のもので、分離の良いリマスターで音質も良く、楽しんで聞くことができました。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
SHM-CD版の音質は音の分離や解像度が不自然...

投稿日:2016/12/16 (金)

SHM-CD版の音質は音の分離や解像度が不自然なほどに良いけれど、音に奥行きがなくバイオリンとティンパニが同じ距離で聞こえる、つまりデジタルプロセッシングよる音の鮮明さのみを強調したものであると言えるのではなかろうか。不自然さが先に立ってちょっとげんなりするのは否めない。最近の「リマスター」全般に言えることだが、何も解像度が全てというわけでもあるまいし、音を加工してまで「音の良さ」を売りにすることはないと思う。決して音は良くなってはいないのだから古い録音なりに聴かせてもらった方がありがたいと思うのはわたしだけだろうか。音の不自然な誇張のせいで演奏がしらけて聞こえるとしたら、何のための「高音質化」なのかということになる。なお、演奏についてはいまさら述べるまでもないが、フリッチャイ自身は第一楽章のこのテイクが気に入っておらず再録音を希望していたので、このレコーディングの発売を認めていなかったということは付け加えておきたい。

ゆあがり さん | 愛媛県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品