LPレコード 輸入盤

思い出 PART.2〜フィレンツェの思い出(チャイコフスキー)、若き芸術家の棺のかたわらで(ニールセン):トロンハイム・ソロイスツ (180グラム重量盤レコード/2L)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2L090CLP
組み枚数
:
1
レーベル
:
2l
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

トロンハイム・ソロイスツと「2L」のコラボレーション第3作
『思い出』パート2


演奏者が聴いている音を聴き手にそのまま聴いてほしい・・・ライヴと録音の音の違いではなく、演奏者自身と聴き手にとっての音の違いを極力までなくしていこう! そんなこだわりから2週間もかけてレコーディングが行われた究極の高音質ディスクです。
 ノルウェーのインディペンデント・レーベル「2L」の録音に対する評価は国際的にすっかり定着しました。受賞こそしていないもののアメリカのグラミー賞にも毎年のようにノミネートされています。古都トロンハイムに本拠を置くトロンハイム・ソロイスツのブリテンやバルトークを演奏した『ディヴェルティメンティ』(2L50SABD)は小アンサンブル部門とサラウンドサウンド・アルバム部門とエンジニアリング部門、グリーグの『ホルベアの時代から』から始まる『民謡の調子で』(2L68SABD)は小アンサンブル部門とサラウンドサウンド・アルバム部門にそれぞれノミネートされました。ソロイスツのミュージシャンたちは、モッテン・リンドベルグをはじめとする「2L」のスタッフに厚い信頼を寄せ、サラウンド録音の楽器配置など、さまざまな試みに挑んでいます。
 トロンハイム・ソロイスツと「2L」のコラボレーション第3作『思い出』。芸術監督のオイヴィン・ギムセとリーダーのゲイル・インゲ・ロツベルグが「弦楽オーケストラのために作曲されたもっとも美しい音楽」とみなすチャイコフスキーの『弦楽のためのセレナード』と『フィレンツェの思い出』、そして、FACEBOOKを通じて世界各国の音楽愛好家から寄せられたリクエストによるカール・ニールセンの『小組曲』と『若き芸術家の棺のかたわらで』、4曲のプログラムです。2011年の5月に録音された『弦楽のためのセレナード』では、合唱音楽の録音を多く手がけてきたプロデューサーのリンドベルグのアイデアを入れ、同じ楽器の奏者が隣り合わせにならないようアンサンブルの声部を混在させる楽器配置がとられました。
 このパート2には、チャイコフスキーの『フィレンツェの思い出』と、ニールセンの『若き芸術家の棺のかたわらで』が収録されています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・チャイコフスキー:フィレンツェの思い出 op.70
・ニールセン:『若き芸術家の棺のかたわらで』 FS58(アンダンテ・ラメントーゾ)

 トロンハイム・ソロイスツ
 ゲイル・インゲ・トルベルグ(リーダー)
 オイヴィン・ギムセ(芸術監督)

 録音時期:2011年10月
 録音場所:ノルウェー、セルビュ、セルビュ教会
 録音方式:ステレオ(DXD (24bit/352.8kHz)/セッション)
 DMM (Direct Metal Master)
 180g オーディオファイル・グレード・ビニール使用

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「フィレンツェの思い出」は、チャイコフス...

投稿日:2012/10/19 (金)

「フィレンツェの思い出」は、チャイコフスキーの典型的な順次進行旋律で寛げる。チャイコフスキーの叙情性が好きな人にはオススメ。ニールセンの「若き芸術家の棺の傍らで」は、画家のオラフ・ハルトマンの葬儀のために作られようで、もとは弦楽五重奏曲だと思うが、ここでは弦楽合奏で演奏されている。悲しさが胸にしみるが、美しい曲だ。録音はいわゆるハイレゾルーションで高音質。バイオリンの高音部は少し金属的な鋭さを感じる。12世紀の古い教会での録音で、広がり・奥行きもほどほどにあるが、それを強調するような録音ではない。プレスはドイツのパラス社でDMM。オーディオファイルグレード・ヴァイナルと謳うだけあって、盤質・盤状態とも極めて良く、ほとんどノイズがない。

colourmeister さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品