ツェルニー、カール(1791-1857)
新商品あり

ツェルニー、カール(1791-1857)

ツェルニー、カール(1791-1857) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

カール・ツェルニーCarl Czerny ドイツ語:?[karl ?t??rni], 1791年2月21日 ウィーン‐1857年7月15日 ウィーン)は、オーストリアのピアノ教師、ピアニスト、作曲家。父方の祖先はボヘミア出身のスラヴ人で、苗字の綴りは元はチェコ語:

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

5件

すべてのユーザーレビューを見る(5件)

  • 誠に失礼ながら、当初、このディスクを購入したのは、...

    投稿日:2022/01/29

    誠に失礼ながら、当初、このディスクを購入したのは、システムのウォームアップと音質チェックの為でした。 ツェルニーというと、やはり練習曲のイメージがあったのと、ハイレゾのワンポイント録音なので、ま、手頃なところかなあ、と。 けれど、実際に聴いてびっくり! 録音は、素直なワンポイントで予想通りでしたが、曲の内容は、え、なに、これ? 面白いじゃん! 一曲一曲、調はもちろんですが、内容そのものも変化に富んでいて、聴いていて全然飽きません。 ウォームアップで数曲聴くつもりが、一枚全曲聴いてしまいました。 この調子なら、ツェルニーの他の曲ももっと出てこないものでしょうか。カメラータさん、よろしくお願いいたします。

    johannes さん

    0
  • ベートーヴェンの弟子ということで、やはりこの分野の...

    投稿日:2012/07/04

    ベートーヴェンの弟子ということで、やはりこの分野の交響曲を書くにはある意味勇気がいったのだろうか。ツェルニーがこの分野に手を出すまで楽聖の死後十年以上が経過、結果本人もまもなく五十に手が届く歳になってしまった。この間、シューベルト、メンデルスゾーンが交響曲を何曲も作曲、シューマンもツェルニーと並行するかのように交響曲への道を歩み始めていた。 そんな中でのこのツェルニーの交響曲。1番は古典派の余情をもちながらも初期ロマン派への道を歩み始めたという趣で、それらはほぼ予想通りのものではあったが、じつに聴きやすくまた印象にも残りやすいなかなかの名曲だった。だがその5年後に作曲された5番にはおもいっきり驚いた。まるでシューマンの「ライン」を先取りしたかのような堂々としたロマン派中期の音楽にそれは変貌していた。それにしてもこれほどの曲が、しかも作曲家もとてつもなく有名なのに何故演奏されないのだろうか。ツェルニーというとどうしても練習曲のイメージがあるからかもしれないが、これらを聴いた今となっては自分にとってツェルニーというとこの交響曲が浮かんでくるようになった。ある意味ウィーン情緒もときおり感じられるツェルニーのこれらの交響曲。演奏もいい意味でローカルな雰囲気のオケの音にのった、活気溢れる演奏となっていて好感が持てるものとなっている。ぜひ一度聴かれることをお勧めしたい。

    ぼん さん

    3
  • ツェルニーの30曲からなる練習曲は、それぞれ番号と速...

    投稿日:2021/09/06

    ツェルニーの30曲からなる練習曲は、それぞれ番号と速度表示しか与えられていないが、何と色々な音楽が織り込まれていることか!宮沢明子の弾くピアノで一曲一曲と聴き進むにつれ、感動さえ覚える。この練習曲、日本ではポピュラーながら、欧米ではあまり弾かれないという。なんとももったいないと言うべきか。練習曲としてだけでなく鑑賞用としてももっと聴かれるべきだ。なんと言ってもリストの師匠が作曲した作品なのだから。宮沢明子の演奏は小気味良く、ライナーノーツの練習者に向けた文章も泣かせる。1974年の菅野沖彦氏による録音なので音質は極上である。

    Ichirokagawa さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ツェルニー、カール(1791-1857)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%