ドビュッシー(1862-1918)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ドビュッシー:選ばれた乙女、夜想曲、ラヴェル:ラ・ヴァルス、他 アンドレ・クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団、ジャニーヌ・ミショー(1958)(2CD)

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT501
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


INA音源・クリュイタンス&パリ音楽院管の至芸
ライヴの熱気がこれまた凄い! 『選ばれた乙女』は注目の初音盤化レパートリー


INA(フランス国立視聴覚研究所)所有音源をライセンスし、「ALTUS」入魂のマスタリングでCD化。クリュイタンスとパリ音楽院による1日のコンサートを収録。
 ドビュッシーの2曲はクリュイタンスにとって正規録音がなく、特に『選ばれた乙女』はレパートリーとしても初音盤化と思われる貴重音源。ラヴェルの作品も既発演奏との聴き比べが興味津々です。楽器毎の色彩が濃厚でライヴならではの強烈な盛り上がりもあり、ミュンシュを彷彿とさせる瞬間も。モノラルながら丹念なマスタリングでこの時代の響きをたっぷりと楽しめる音質に仕上げました。
 『選ばれた乙女』を歌うソプラノのジャニーヌ・ミショーはパリ音楽院で学んだフランス音楽のスペシャリスト。名作フランス・オペラのソプラノ役をほとんど歌いつくしコンサート活動も多かった彼女、『選ばれた乙女』は得意曲のひとつで、楽曲の勘所を見事に押さえた美しい歌唱が聴けます。

【平林直哉氏の解説より】
「『ラ・ヴァルス』はいかにもライヴらしい、覇気の感じられる演奏だ。弦楽器、管楽器を問わず独特な音色も楽しいし、最後の激しい加速もいかにも一発勝負的である。クリュイタンスは日本公演のベルリオーズの幻想交響曲でも、オーケストラが崩壊寸前になるまでオーケストラをあおっていたのを思い起こさせる。」(販売元情報)

【収録情報】
Disc1
ドビュッシー:
1. 3つの夜想曲
2. カンタータ『選ばれた乙女』

Disc2
ラヴェル:
3. 道化師の朝の歌
4. 『マ・メール・ロワ』組曲
5. ラ・ヴァルス


 ジャニーヌ・ミショー(選ばれた乙女/ソプラノ:2)
 アニエス・ディスネ(語り手/メゾ・ソプラノ:2)
 フランス放送合唱団(女声合唱:1,2)
 マルセル・ブリクロ(合唱指揮:1,2)
 パリ音楽院管弦楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1958年9月4日
 録音場所:ブザンソン音楽祭
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 国内プレス
 初CD化(2-5)
 日本語帯・解説・歌詞対訳付

内容詳細

クリュイタンス指揮、パリ音楽院管弦楽団による1958年のコンサートの模様を収録。ドビュッシー「3つの夜想曲」や演奏回数の少ないカンタータ、ラヴェル「道化師の朝の歌」「マ・メール・ロワ」など、フランス作品ならではの研ぎ澄まされた響きが印象的。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ドビュッシー(1862-1918)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品