ドビュッシー(1862-1918)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

管弦楽作品集 ハイティンク&コンセルトヘボウ管弦楽団

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
464697
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
2001
フォーマット
:
CD

商品説明

ハイティンク/ドビュッシー
1976,77,79年ステレオ録音。牧神の午後への前奏曲、夜想曲、海、イベリアを収録。ハイティンク指揮するコンセルトヘボウ管弦楽団によるドビュッシー演奏には濃いめの色彩と豊かなフォルムという独特な魅力が備わっており、今回のリマスターでそうした特質にさらに磨きがかけられているのが嬉しいところ。アナログ円熟期の名録音が蘇ります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
80年代初めフランス物で世界のクラシック...

投稿日:2021/11/19 (金)

80年代初めフランス物で世界のクラシック・ファンを驚かせたデュトワとモントリオール響の演奏も悪くはないが、このハイティンクとコンセルトヘボウ管の瑞々しい演奏を聴くと、無味乾燥に感じてしまうのは私だけか。76年録音と言えばディヴィスの名盤「春の祭典」と同じ時期。静と動の対比がえげつない。夜想曲は金管セクションのバランスに不満を感じるが「管弦楽のための映像」と「牧神の午後への前奏曲」は身も心も溶けてしまいそうな美しさだ。世界一の木管セクションに拍手!!当時のレコード芸術誌の批評(名人芸の集積、自由自在に吹く木管、どこまでも伸びてゆく絃楽器。それらは常に目のつんだ響きの中から決して抜け出さない……)正にその通り。この演奏を聴いたらベルリン、ウィーン、シカゴのオーケストラも黙ってしまうのではないか。オーケストラの極限の美しさを追求した名盤は、数あるハイティンクの録音の中でベスト3に君臨する。亡くなられたハイティンク氏に改めて敬意と感謝を捧げたい。

シャルヴェンカ さん | 千葉県 | 不明

0

ドビュッシー(1862-1918)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品