ドビュッシー(1862-1918)
新商品あり

ドビュッシー(1862-1918) レビュー一覧 56ページ目

ドビュッシー(1862-1918) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

620件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 確かにこの人は技巧派ではない。しかし抜群の知性と感...

    投稿日:2005/10/08

    確かにこの人は技巧派ではない。しかし抜群の知性と感覚、深い音楽性を有している。花火などの技巧的な曲も少し遅めの速度で丁寧に弾いており興味ある面白い効果を上げている。ピアノの音が魅力に拍車を掛けている。他の曲も、それぞれの音型に最適な音色を振り、変奏の過程を分かりやすく聴かせてくれる。最も素晴らしいのが、奏者が作品を愛し、信頼していること。ビンビン伝わってくる。曲の骨格を的確に押さえた構造重視の見事な解釈。方向性は少し異なるが、このような音楽を引き出せるのは、あとはケンプぐらいだろう。

    ひのき饅頭 さん

    3
  • クリアな音像でのドビュッシー録音を希望するピアニス...

    投稿日:2005/09/18

    クリアな音像でのドビュッシー録音を希望するピアニストは多い。でも、メーカー側が認めない。作り変えてしまう。それを逆手に取った演奏もあるが、ツィメルマンは確信犯だろうか?音を不用意に操作するとつぶれるような微細な表現に徹しており、音をクリアに聴かせていく。残響のように響くのは、ほとんどがピアノの箱が鳴っている音です。理想的で本物の録り方です。このCDに一言つけるピアニストが多いですが、彼らは明らかに嫉妬している。誰もやらせてもらえなかった録音がここにある。(ちなみに今でも、まずやらせてもらえません)

    ひのき饅頭 さん

    4
  • 悪くはないのだが、前奏曲、途中で音の流れを切ってし...

    投稿日:2005/09/18

    悪くはないのだが、前奏曲、途中で音の流れを切ってしまっている。疑問。確かに難しい部分だが、不用意だ。練習曲集は勉強用のサンプルならいいと思う。でも、この曲ってこんなにおとなしい曲集だったっけ?もう少し弾きこんでから取り組んでも良かったのでは?安全運転すぎる。ルヴィエなら、カントロフとのドビュッシーやフランクのヴァイオリンソナタが最高の演奏。演奏会でびっくりしたのだが、それと比べてしまうので評価は辛くなる。

    ひのき饅頭 さん

    2
  • 高いレベルで評価がバッサリ別れる演奏だと思う。確か...

    投稿日:2005/08/29

    高いレベルで評価がバッサリ別れる演奏だと思う。確かにうまい。この曲集に求められる様々な発言や物語を集めて見事に統合している。ただし、前奏曲の意味や、主題の連続変形(変奏とはちょっと違う)に踏み込んだり、独自の分析を披露する演奏ではない。新しいことは何もしていない。その反面、ノスタルジーを求める聴衆には最高の記憶を提供する。演奏の完成度は高い。でも謎が多い曲集に既存の知恵だけでは私は不足です。「前奏曲集」はホントに難物です。でも間違いなく優れた演奏です。難しいなあ。

    ひのき饅頭 さん

    1
  • ジュリーニ最高。本当にどの演奏も美しいです。 聴い...

    投稿日:2005/08/28

    ジュリーニ最高。本当にどの演奏も美しいです。 聴いてない人は、絶対聴いてください。音も良いですよ。

    イーグル さん

    1
  • それにしても美しく響くピアノ。ペダルで全く音が濁ら...

    投稿日:2005/08/28

    それにしても美しく響くピアノ。ペダルで全く音が濁らない高い技術。練習曲が抜群に素晴らしいです。最高です。音の積み重ねかたが信じられないほど見事です。全曲盤は無いのだろうか?

    学習中(資料検索中) さん

    1
  • ジャケットの写真がピアノの上手そうな顔だったので思...

    投稿日:2005/08/27

    ジャケットの写真がピアノの上手そうな顔だったので思わず買ってしまった。この曲は、豊富なミネラルが地下水に溶け込んでいる様に、「前奏曲」や「映像」やらの響きが本質的に溶け込んでいる、集大成の傑作と考えますが、それを陰影のある繊細な音で納得させてくれる、みずみずしい演奏です。ZIMERMANにも師事したそうで納得。人相学が今回は当たりました。

    ゆがみごんた さん

    0
  • 驚いた。なんて鮮烈な「海」だろう。音の波が次々と押...

    投稿日:2005/08/22

    驚いた。なんて鮮烈な「海」だろう。音の波が次々と押し寄せてくる中、造形美が日光を反射してきらきらと輝く。フランス的ではないかもしれないが、繊細かつ堂々たるドビュッシーだ。これだからラトルは聞き逃せない。ベルリン・フィルならではの力技も、特にマシューズ編のThree Preludesで堪能できる。

    アントン-ミントン さん

    0
  • 卓越した技巧、幅広いダイナミクス、鉱物的な音色で弾...

    投稿日:2005/08/14

    卓越した技巧、幅広いダイナミクス、鉱物的な音色で弾かれた、ゴージャスな趣の異色のドビュッシー。フランス的な演奏は明らかに一線を画するので、好みが分かれそう。ベルガマスク組曲第二曲メヌエットなど急速な箇所で見せる、先へ先へ突っ走ろうとする感覚は、品格に欠けると感じる人もいるかもしれません。ちなみにこのアルバムは、ワイセンベルクのEMIからDGへの移籍第一弾として録音されたもので、初出当時は超優秀録音とされていました。今日的レベルでも音の状態は何ら問題ないでしょう。

    ねこちゃん さん

    0
  • ステレオ初期とは思えない鮮明な音、最晩年とは思えな...

    投稿日:2005/08/08

    ステレオ初期とは思えない鮮明な音、最晩年とは思えないベイヌムの覇気、そして昔のコンセルトヘボウの味わい深い響き。これは買いでしょう。

    三輪敬志 さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%