ドビュッシー(1862-1918)
新商品あり

ドビュッシー(1862-1918) レビュー一覧

ドビュッシー(1862-1918) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

619件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 80年代初めフランス物で世界のクラシック・ファンを...

    投稿日:2021/11/19

    80年代初めフランス物で世界のクラシック・ファンを驚かせたデュトワとモントリオール響の演奏も悪くはないが、このハイティンクとコンセルトヘボウ管の瑞々しい演奏を聴くと、無味乾燥に感じてしまうのは私だけか。76年録音と言えばディヴィスの名盤「春の祭典」と同じ時期。静と動の対比がえげつない。夜想曲は金管セクションのバランスに不満を感じるが「管弦楽のための映像」と「牧神の午後への前奏曲」は身も心も溶けてしまいそうな美しさだ。世界一の木管セクションに拍手!!当時のレコード芸術誌の批評(名人芸の集積、自由自在に吹く木管、どこまでも伸びてゆく絃楽器。それらは常に目のつんだ響きの中から決して抜け出さない……)正にその通り。この演奏を聴いたらベルリン、ウィーン、シカゴのオーケストラも黙ってしまうのではないか。オーケストラの極限の美しさを追求した名盤は、数あるハイティンクの録音の中でベスト3に君臨する。亡くなられたハイティンク氏に改めて敬意と感謝を捧げたい。

    シャルヴェンカ さん |50代

    0
  • 安定した演奏で、情に流され過ぎず、とんがりすぎても...

    投稿日:2021/10/24

    安定した演奏で、情に流され過ぎず、とんがりすぎてもいない、中庸を行く解釈。フランスのピアニスト、バウゼのドビッシー。すべて21世紀に入ってからのスタジオ録音で、音質は非常に良い。

    saitaman さん

    0
  • ジュリーニのフランス物、最初はピンとこなかったが聞...

    投稿日:2021/07/25

    ジュリーニのフランス物、最初はピンとこなかったが聞いてみて納得、遅めのテンポで厚みのあるオケの音が独特の雰囲気を作り出している。

    ruri さん

    0
  • 実は本当の意味でのドビュッシーのピアノ独奏曲全集は...

    投稿日:2021/07/17

    実は本当の意味でのドビュッシーのピアノ独奏曲全集はほとんどないので貴重! 一時ドビュッシーに凝った時期があり、所謂ピアノ独奏曲全集といわれるものを7セットほど購入し、所有しているが、一部の曲が抜けていて本当の意味でのピアノ独奏曲全集はチッコリーニのこのセットだけだ。 ドビュッシーのピアノ独奏曲はピアニストによってかなり表現に幅があるがこちらのセットは比較的オーソドックスな演奏なので取っ付きやすいかもしれない。しかも破格の値段なのでオススメ!

    I.O.U さん

    1
  • 個人的にはドビュッシーのピアノ作品全集の最高峰!超...

    投稿日:2021/07/17

    個人的にはドビュッシーのピアノ作品全集の最高峰!超オススメ! ドビュッシーのピアノ作品全集は他にモニク・アース、フランソワ、ロジェ、ベロフ(後)、ルビエ、チッコリーニ、ミケランジェリを所有しているがテクニック、表現、音質、ピアノの音色などを総合的に評価すると名演群の中にあって頭一つ抜けていると思う。

    I.O.U さん

    0
  • ドビュッシーの管弦楽曲集はブレーズの新旧、マルテノ...

    投稿日:2021/07/17

    ドビュッシーの管弦楽曲集はブレーズの新旧、マルテノンを所有しているが個人的に最も完成度が高いのはこちらのボックスセットなのではないかと思う。 ドビュッシーの管弦楽曲集のファーストチョイスとしては最適なボックスセット!超オススメ!

    I.O.U さん

    0
  • ドビュッシーのピアノ作品全集の中ではクセがなく聴き...

    投稿日:2021/07/17

    ドビュッシーのピアノ作品全集の中ではクセがなく聴きやすい。 一時ドビュッシーのピアノ作品に凝っていた時期があり、気づいてみると モニク・アース、ミケランジェリ、フランソワ、チッコリーニ、ロジェ、 ベロフ(新録)、バウゼとこちらの8セットの全集、選集を所有するハメになった。 というのはドビュッシーのピアノ作品はピアニストそれぞれの表現の幅が広くどれもそれぞれ個性的で捨てがたい魅力があるからです。 そんな中で最も中庸と思える演奏は個人的にはこちらの作品だと思う。 音質も良好なので初めてドビュッシーのピアノ作品のファーストチョイスとしては最適な1枚だと思う。

    I.O.U さん

    0
  • イギリスのピアニスト、ファーガストンプソンの代表的...

    投稿日:2021/07/10

    イギリスのピアニスト、ファーガストンプソンの代表的な録音。抒情性があり、かといって独自過ぎず、端整で、聴かせる。個人的にドビッシーの全曲録音は6セット持っているが、かつてフランスを代表するピアニストだったモニク・ハースが遺したものとこの全集が特に気に入っている。録音はハース盤よりこちらの方がだいぶ新しいので音質的には優位性がある。Music Retailers Association awardsというのを受賞しているそうだ。

    saitaman さん

    0
  • 特に最初の前奏曲集 第1巻は甘く、けだるい感じの演奏...

    投稿日:2021/07/10

    特に最初の前奏曲集 第1巻は甘く、けだるい感じの演奏で、私にとって昼寝の友に最適な1枚となっております。聞いていると、若い頃カプリ島を旅した時の、地中海独特のトロンとした空気感を思い出します。そんな感じのけだるさです。休日の午後に聞けば、けだるく、甘い雰囲気で包んでくれます。※車を運転中の方には絶対にお勧めしません!!

    ぷーにゃー さん

    0
  • 『ペレアスとメリザンド』に美しさを求めるのであれば...

    投稿日:2021/07/09

    『ペレアスとメリザンド』に美しさを求めるのであればイチオシ! 『ペレアスとメリザンド』はブレーズの演奏と本盤を所有しているが美しい音空間に没入したいのであればこちらがオススメ。 ブレーズの演奏はカラヤンの演奏とは対極に近い位置にあるので本盤でシックリこない人はブレーズ盤ではシックリくるハズ・・・

    I.O.U さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%