ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

Blu-ray Disc 輸入盤

『ルサルカ』全曲 ロイ演出、アイヴァー・ボルトン&マドリード王立歌劇場、アスミク・グリゴリアン、エリック・カトラー、他(2020 ステレオ)(日本語字幕付)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
759604
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明


アスミク・グリゴリアンが歌う水の精ルサルカの悲恋の物語
2020年11月テアトロ・レアルにて上演クリストフ・ロイ演出による『ルサルカ』


スラヴ民話に登場する水の精を題材としたドヴォルザーク作曲のメルヘン・オペラ『ルサルカ』。人間の王子に恋をした水の精ルサルカの悲しい物語。『ルサルカ』の音楽は、森の精たちの合唱や、王子の登場シーンで響きたわる壮大な金管など、ワーグナーのオペラの影響を感じさせつつ、ドヴォルザークらしい美しい旋律を堪能できます。特に第1幕で、王子を好きになった水の精ルサルカが人間になりたい気持ちを歌う『月に寄せる歌』は、屈指の名アリアとして世界中のソプラノ歌手が単独でも取り上げている曲です。
 本作は、2020年11月にスペインのテアトロ・レアルで上演された際の映像。驚くべきことにテアトロ・レアルでの上演は、1966年の再オープン以降初めてということ。本上演はドイツの鬼才クリストフ・ロイによる新演出。ルサルカを歌うのは、圧倒的な歌唱と存在感を放つリトアニア出身のソプラノ、アスミク・グリゴリアン。王子への愛のために人間になったものの、王子の裏切りによって絶望の淵に立たされる水の精を完璧に演じています。クリストフ・ロイは、この物語を1人の若い女性の人生の軌跡として描いています。そしてテアトロ・レアルの音楽監督を務めるアイヴァー・ボルトンによる、ロマンティックなリリシズムと圧倒的なドラマで、質の高い上演となっています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ドヴォルザーク:歌劇『ルサルカ』全曲


 アスミク・グリゴリアン(ルサルカ)
 エリック・カトラー(王子)
 カリタ・マッティラ(外国の公女)
 マキシム クズミン=カラワエフ(水の精)
 カタリーナ・ダライマン(魔法使い)
 テアトロ・レアル合唱団
 アンドレス・マスペロ(合唱指揮)
 テアトロ・レアル管弦楽団
 アイヴァー・ボルトン(指揮)

 演出:クリストフ・ロイ

 収録時期:2020年11月
 収録場所:マドリード、テアトロ・レアル(ライヴ)

 収録時間:180分
 画面:カラー、16:9、1080i
 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA 5.0
 原語:チェコ語
 字幕:英独仏西伊韓日
 BD50
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:masatoさん