ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、シューベルト:交響曲第8番『未完成』 ベーム&ウィーン・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5214
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200
ドヴォルザーク:『新世界より』、シューベルト:『未完成』
ベーム&ウィーン・フィル


限りない憧れを秘めた静謐美が横溢し比類のない名曲として大きな存在感と人気を誇る、ロマン的な抒情性が存分に表現されたシューベルトの『未完成』。アメリカに滞在中のドヴォルザークが祖国ボヘミアへの郷愁を雄大なスケールで謳い上げた傑作『新世界より』。ベームが晩年にウィーン・フィルハーモニーを指揮した演奏によって、2曲の名作交響曲を収めています。ベームの枯淡の境地が美しく刻印されたアルバムといえる一枚です。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
・シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』
 録音時期:1977年6月
 録音場所:ホーエンエムス
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』
 録音時期:1978年5月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(セッション)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 高精度ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

ベームとVPOが70年代後半に録音した交響曲2作品を収録。スケールの大きなシューベルトの交響曲第8番「新世界」とベームの意図を知悉した美しい演奏を奏でるシューベルトの交響曲第8番「未完成」。どちらも秀逸。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ドヴォルザークは低弦を十分に歌わせた聞き...

投稿日:2021/12/16 (木)

ドヴォルザークは低弦を十分に歌わせた聞き応え満点の見事なものでした。独特なフレージングもところどころにあって、ユニークさも感じられた。これはいい!私のCDは幸か不幸か併録がシューマンの第4番でして、第2楽章がスロー過ぎて違和感を感じたが、力演でした。

今も昔もただの人 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
「未完成」はベーム晩年の傑作です。ウィー...

投稿日:2021/07/23 (金)

「未完成」はベーム晩年の傑作です。ウィーン・フィルの音にはすべて充実感があります。前へ前へと進むのではなく、常に後ろを振り返る様子が伝わってきます。人生に振り返るものがたくさんなければ、このような演奏は生まれないと思います。曲名は「未完成」でも、4年後に他界する、生涯の完成が迫ろうとしている指揮者の哀愁があふれています。 逆に「新世界より」は若々しく、壮絶な演奏でした。ベートーヴェンやブラームスの交響曲と同じような密度の濃い響きがしていました。

classic さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
新世界について。 十分、聴かせどころを心...

投稿日:2020/08/13 (木)

新世界について。 十分、聴かせどころを心得た名演だと思います。 アナログ最終期のDG録音だけあって、デジタル初期より、マストーン重視の美しい音が聴けます。 名演でした。購入して損はありません。 LP発売時に、評論家が挙って「ベームの新世界??」などと分かったような、分からないようなコメントをしていました。 ジャケットを隠して聴いてもらったら誰が指揮者で、どのオケの演奏家を当てることが出来る評論家など少なかったと思います。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

2

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品