ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第9番『新世界より』、第6番 ヴァーツラフ・スメターチェク&プラハ放送交響楽団、プラハ交響楽団(1974〜1975年ステレオ)(2CD)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT482
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


「チェコのカラヤン」スメターチェクの偉大なる名演
やはりドヴォルザークなくして語れない! 音楽の本質まで深く彫琢された迫真のドラマ


世界を股にかけ活躍し、チェコでは「空飛ぶ指揮者」「音楽大使」と呼ばれ、日本では「チェコのカラヤン」とのキャッチフレーズで親しまれたスメターチェクの偉大な演奏集。チェコ・フィルとあわせて「チェコ3大オーケストラ」と言われるプラハ交響楽団、プラハ放送交響楽団との共演です。
 『新世界』は得意の演目でありながら商業録音が残されておらず、当録音の価値は計り知れません。絶妙にして圧巻、期待以上の名演が展開されます。第6番もまたスメターチェクがしばしば取り上げた作品で、深い楽曲理解が生み出す香り立つような音楽がたまらぬ魅力です。

 『新世界』は宇野功芳氏が著書「新版・クラシックの名曲・名盤」の同曲の項でケルテス/ウィーン・フィル盤を至上の名演と紹介しつつ、併せてこのスメターチェクの演奏に触れ「土俗的な迫力と芸術的な鋭さ、深さはケルテスの上を行く」と評したことで有名になったもの。ALTUSリマスターによる音質向上でこの名演がさらに楽しめるようになりました。

「(交響曲第6番は)単にお国物という以上に、スメターチェクの楽曲分析の深さと、それを実際の音とする手腕の確かさが印象的である。例えば第1楽章、ピアニシモの冒頭から48小節をかけて練習記号A、フォルテシモの圧巻の主題呈示(グランディオーソ)を導く部分など、他の多くの指揮者がたどり着くまでに表現の沸点を迎えてしまう中、スメターチェクはAに至って初めて、偉大なものを見たときに感じるような圧倒的な存在感の表出に成功している。」
「(『新世界より』は)冒頭から弦楽器群の血の通った濃厚な響き、金管、打楽器の強奏強打、木管のニュアンス豊かな吹奏、アクセントやクレッシェンドの強調、緊張と弛緩の交代も絶妙で、極めて彫りの深い表現を生み出している。そして、各楽章の決め所やコーダでは、先の作品でも述べてきたような「ため」や加速と伴ったドラマティックなテンポ変化と、各楽器の最強奏により圧巻のクライマックスを形成しているのである。」〜ブックレット所収の板倉重雄氏の解説より(販売元情報)

【収録情報】
Disc1
● ドヴォルザーク:交響曲第6番ニ長調 Op.60, B112


 プラハ交響楽団
 ヴァーツラフ・スメターチェク(指揮)

 録音時期:1975年
 録音方式:ステレオ(セッション)

Disc2
● ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』


 プラハ放送交響楽団
 ヴァーツラフ・スメターチェク(指揮)

 録音時期:1974年
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 国内プレス
 日本語帯・解説付

内容詳細

スメターチェク指揮、プラハ響、プラハ放送響による名演集。ドヴォルザークの交響曲第6番、第9番「新世界より」を収録(1970年代録音)。祖国の作曲家を取り上げ、民族色の強さだけでなくスメターチェクの洞察の深さが裏打ちされた、魅力的な一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
新世界は通俗名曲ということで、いささかな...

投稿日:2021/07/27 (火)

新世界は通俗名曲ということで、いささかなめていましたが、予想外に楽しめ、大当たりでした。渾身の名演でしょう。

NAKAKO さん | 長崎県 | 不明

0
★
★
★
★
★
素晴らしい名盤が復刻されました!第一楽章...

投稿日:2021/07/02 (金)

素晴らしい名盤が復刻されました!第一楽章、第三楽章、終楽章の劇的な盛り上がりも聞き所ですが、第二楽章の中間部、ほの暗い雰囲気の曲の再現は本当に素晴らしい!ホルンやティンパニ―の土俗的強音と共に弱音の表現もこの名盤の魅力です!

boss さん | 長野県 | 不明

0

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品