文系のためのよくわかる 死とは何か 東京大学の先生伝授

ニュートンプレス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784315524888
ISBN 10 : 4315524883
フォーマット
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
304p;21

内容詳細

生と死の境界とは?死の不思議を丸ごと解説!

目次 : 1時間目 「生」と「死」の境界線(死ぬとはどういうことか/ 死にゆく体では何がおきるのか)/ 2時間目 死へとつながる老化(脳の老化/ 体の老化)/ 3時間目 細胞の死と、人の寿命(細胞の死が人の死をもたらす/ 寿命はなぜ生まれた?)

【著者紹介】
小林武彦 : 東京大学定量生命科学研究所ゲノム再生研究分野教授。博士(理学)。1963年、神奈川県生まれ。九州大学大学院医学系研究科博士課程修了。専門は分子遺伝学、ゲノム生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ニッキー さん

    TVで小林武彦先生を拝見し、すぐに買った本の一冊。避けて通れないテーマを分かりやすく説明してくれている。 分かりやすく書かれていると言うのは、決してレベルが低い訳ではない。 このシリーズを読んでみようと思う。

  • Go Extreme さん

    「生」と「死」の境界線: 死ぬとはどういうことか 世界の1年間の死者数は約5700万人 生死を分ける境界線はどこにある? 人の「死」を決定づける,三つの特徴 死にゆく体では何がおきるのか 死へとつながる老化: 体の老化 細胞の死と,人の寿命 細胞の死が人の死をもたらす 寿命はなぜ生まれた? 人類は死をどこまで遠ざけられるのか? 植物は不死になれる DNAには傷がたまりつづける DNAの傷は,進化にも結びつく 生物の寿命を決める要因は,よくわからない 「長寿遺伝子」が寿命をもっとのばすかもしれない

  • 西条べべる さん

    身体のしくみや老化、細胞から見た死についての解説。ほとんどが解剖学的な説明で、哲学的な「死」や死後などはまったく触れられていません。副題に生物学的なとか身体的ななどの文言が入っていたほうが親切だったかもしれません。ただ、身体の老化メカニズムをとても分かりやすく解説しているので、アンチエイジングに興味があれば勉強になります。生物学的に「死」の意味が理解できたのは良かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品